シャープの1インチセンサー搭載スマホが話題に ライカと協業

シャープが1インチセンサーのスマホを発表

 シャープは5月17日、ライカカメラ監修のもと、スマートフォンとして最大級の1インチセンサーを搭載した5G対応スマートフォン「AQUOS R6」“co-engineered with Leica”を発表した。発売は6月中旬以降で、NTTドコモおよびソフトバンクから2021年夏モデルとして発売予定だ。価格は「前の機種(AQUOS R5G)前後という想定」としている。

シャープとライカは、2020年3月よりスマートフォンカメラの開発・設計で協業を開始。第一弾として、センサー・レンズの設計、画質の調整まで含めたカメラシステムを開発したものがAQUOS R6だ。サイズは約162mm×74mm×9.5mm、重さは約207g

スマートフォンとして最大級の1インチセンサーと、ライカのレンズ「ズミクロン」の称号を得たF値1.9/焦点距離19mmの7枚構成レンズの採用により、圧倒的な集光量で暗い場所でも高感度、かつ広角から望遠までひずみを抑えた撮影を可能にしている。

CNET Japan

シャープが1インチセンサーを搭載したスマホを発表して、ネット界隈で話題になっています。今回のスマホは1インチセンサーのカメラのみを搭載した単眼のスマホで、センサーは1インチの2020万画素センサー、レンズはシャープがライカと協業して開発した換算19mmのf/1.9を採用しているようです。

1インチというからには、かなり厚くなっているのではないか?と思う人もいると思いますが、横からみた画像をみると、さほどでっぱりもなく普通のスマホと比較しても遜色ない薄さになっているようです。

ドコモサイト

1インチセンサーを搭載したスマホ、または1インチセンサーのデジカメにAndroidを乗せたカメラとしては、パナソニックのDMC-CM10がありました。こちらのレンズもライカレンズを採用していていたのですが、厚さ的にはかなり厚めで、1インチセンサーだとこのぐらいの厚さになってしまうのかな?という印象がありました。

ですが、今回のスマホはかなり薄く出来上がっているので、ちょっと驚いています。レンズの設計技術が以前と比較するとかなり向上しているということもあるのでしょうね。

1インチセンサーのメリットは?

これまでのスマホですと1/2.3インチあたりが大型で、一部は1/1.7のセンサーを採用しているモデルが多いようですが、1インチとなると1画素あたりの面積が広くなるので、より光を集めやすく、ノイズなくキレイに撮影できたり高感度での撮影の耐性が高くなったりします。

またセンサーサイズが大きいので、よりボケを大きく得られることができるので、これは他のスマホにはないメリットになると思いますね。デジタルで背景ボケを作る技術も向上していますが、人の髪の毛などは背景に溶け込んでしまいますし、網目状の何か(柵など)の奥にある背景をキレイにぼかすようなことはまだできません。

特に大きなメリットはボケにあると思いますが、でも1インチで換算19mmの単焦点レンズというと、かなり構図を工夫しないと背景ボケをうまく作るのは難しいのかな?と思います。

逆にデメリットとしては、デジタルズームはあるようですが、光学ズームはなく、しかも単眼ですので望遠の撮影をすることができません。価格的なものもあると思いますがスペース的に複眼にすることは難しかったのだと思います。さらに、レンズを小さく設計する必要があったためか、光学式の手振れ補正はなく電子式手振れ補正になっているのも残念なところです。

他社と差別化するために大型センサーを搭載することで、カメラの画質に期待しているユーザに購入してもらおうということだと思いますが、どれだけ売れるのか?というのは各メーカとも興味のあるところではないのかなと思います。もしかなり売れたということになると、各スマホメーカもこぞって1インチセンサー搭載のスマホを発売する可能性もあるかもしれません。

ですが実際にはどうでしょうか?スマホユーザは絵作りされた写真に馴れてしまっていますし、センサーが大きくなったことで得られる自然なボケといったものや、補正無しでキレイに撮影できる暗所でのノイズが少なく撮影できる能力にどれだけ魅力を感じるかは未知数だと思います。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「シャープの1インチセンサー搭載スマホが話題に ライカと協業」への2件のフィードバック

  1.  高感度、高画質ということを宣伝しているようですが、その反面やはり望遠に弱くなる他、仰るとおり種々どうなんでしょう感があるように思えます。1インチセンサーは確かに複眼ができないぐらい大きく、できれば2/3インチ(4:3で、1インチセンサーのちょうど半分)の1200万画素ぐらいで、コンパクトカメラ採用等を考えると1600万画素?、そして2眼? とかどうしても妄想してしまうのですが、(特に投資なんかを考えると)無理なんでしょうか?  

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top