SIGMA Contemporary 50mm F2 DG DNは実質的に欠点が何もない

SIGMA Contemporary 50mm F2 DG DNレビュー

シグマのSIGMA Contemporary 50mm F2 DG DNは非常に良いレンズであるようです。どのように良いのでしょうか?

それではみてみましょう。

  • 長所
    • 非常に頑丈で、防塵防滴の機械的な構造
    • フルサイズで画質が優れる中央部
    • APS-Cセンサーの周辺部の画質が非常に良い
    • フルサイズの周辺部の画質が良い
    • 倍率色収差はごくわずか
    • わずかな球面収差
    • 歪曲収差が少ない
    • コマ収差の問題がない
    • 非点収差が非常に小さい
    • 良好なAF性能
    • APS-Cセンサーの口径食は非常に少ない
    • 明るい光に対する適切な性能
  • 短所
    • フルサイズで口径食が大きい

長所と短所のリストを一目見れば、私たちの評価が迅速かつ的確であることがわかるだろう。私はSIGMA Contemporary 50mm F2 DG DNのほうが、Artシリーズの兄弟よりもはるかに好きだ。私の意見では、ミラーレスカメラ用の標準レンズを探しているのであれば、これは間違いなく興味深い選択肢の一つだ。確かに、一部のカテゴリでは優れているVoigtlander Apo Lanthar 2/50との戦いに敗れたが、その立場は決して絶望的ではない。いくつかの強みを持っている。その中には、静かで効率的なオートフォーカスも含まれる。また、Lantharの価格より400ドル安いという点も魅力的だ。

レンズの長所が多く、実質的に欠点がほとんどない場合、私たちはそれに「エディターズチョイス」を授与する。この場合も、SIGMA Contemporary 50mm F2 DG DNがその称号に値することに疑いの余地はない。

LensTip.comでSIGMA Contemporary 50mm F2 DG DNのレビュー記事が掲載されています。上記は一部を引用したものですので、全文は記事元リンクからご覧ください。

さて、レビューによればSIGMA Contemporary 50mm F2 DG DNは非常に魅力的なレンズであるらしいことがわかりますね。長所ばかりがリストされていて、短所のリストはほとんどありません。しかも、その短所というのが、フルサイズセンサーで撮影したときに口径食があるというものです。デジタル補正で十分に補正できる短所ですね。そのため、実質的に短所はほとんどないというところかもしれません。

レビューでは中央部の解像度がかなり良く、解放からかなり良好な結果が得られるとしています。周辺部も「良い」と評価されていますので、フレーム全体で優れた解像性があるようです。

SIGMA Contemporary 50mm F2 DG DNは記事執筆時点の最安値で7万2800円で発売されています。性能を考えれば非常にコスパが高いレンズかもしれませんね。

そしてシグマがまもなく発表すると噂されているレンズについて「シグマ 70-200mm f/2.8と10-18mm f/2.8を同時発表のさらなる新情報」にて詳しくお伝え。

シグマの最新情報はこちらから

    Twitterいいねとリツイートのお願い

    記事をよんで面白いと思ったら、Twitterでのいいねボタン、リツイートをしていただけると嬉しいです。
    よろしくお願いいたします。

    ミラーレスカメラ情報Twitter
    @Nikon1Blog

    「SIGMA Contemporary 50mm F2 DG DNは実質的に欠点が何もない」への1件のフィードバック

    1. タロウカジャ

      従来の感覚では、Iシリーズレンズは何れも質感、性能共に十分なものがあります。
      Iシリーズの17mmf/4、65mmf/2を使ってみたいです。
      惜しむらくはニコンZマウントではないので簡単に使用できないことです。
      シグマとニコンの両社が協議してZマウントで発売することを願うばかりです。

    コメントする

    ※ 名前の入力は必須です
    ※ 「あ」「通りすがり」「abc」など簡単な名前、意味のない名前では投稿できません
    ※ メールアドレスが公開されることはありません
    ※ アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります
    ※ 投稿がすぐに反映されない場合があります
    が付いている欄は必須項目です