富士フイルム “X-H2とX-H2Sはダブルフラッグシップ 高速か高画素で選択を”

X-H2

X-H2とX-H2Sが揃った富士フイルム

富士フイルムがX-H2とX-H2Sを発表しています。X-H2とX-H2Sはどちらがフラッグシップで、そしてどのように選択すればいいのでしょうか?そんな記事がありましたので紹介したいと思います。

それでは記事をみてみましょう。

FUJIFILM X-H2は、高画素を意味する“HR”を名に付した「X-Trans CMOS 5 HR」センサーを搭載するミラーレスカメラ。“高速フラッグシップ”モデルの「X-H2S」と同じく、第5世代となる新開発センサーだが、X-H2は有効約4,020万画素の“高画素フラッグシップ”に位置づけられる(X-H2Sは有効約2,616万画素)。店頭予想価格(税込)はボディ単体が26万円前後、「XF16-80mmF4 R OIS WR」のレンズキットが33万円前後。

ボディデザインはX-H2Sとすべて同じ。各種ボタンの素材からグリップの形状までを踏襲し、両フラッグシップ機の“使い心地”を統一した(同社はダブルフラッグシップと表現)。そのうえで、ユーザーには“高速”か、もしくは“高画素”かを選択してほしいという。外観上の両機の違いは、前面および背面のロゴ部分のみとなっている。

デジカメWatch

詳細なレビューがありますので、全文は記事元リンクからご覧ください。

記事によれば、X-H2とX-H2Sはどちらてもフラッグシップモデルであるとしています。X-H2は高画素フラッグシップ、X-H2Sは高速フラッグシップという位置づけで”ダブルフラッグシップ”と表現しているようですね。

さらに、どちらのカメラを利用しても使い心地に変化がないよう、ボタンやダイヤル、カメラの形状などは両機種でまったく同じになっているとしています。そして、高速連写ならX-H2Sを、高画素ならX-H2を選択して欲しいとしています。これでX-H2SのSが恐らくspeedのsであるらしいことがわかりました。

異なるAF性能

富士フイルムによれば、それぞれの機種で微妙にAF性能が異なることが示されています。

富士フイルムWebサイト

富士フイルムによれば、X-H2とX-H2Sでは、このようなAF性能の違いがあるとしています(画像タップで拡大します)。

この違いは、X-H2Sが積層型のセンサーを採用していることで、センサーからの読み出し速度がはやく、より被写体を短時間でスキャンすることができるので、動体に強くなっているのだと思います。そして、X-H2のほうは画素数が増え、像面位相差センサーの数も増えていることが、よりポートレートや風景などでより正確なAFが実現できているのだと思いますね。

一般的にはフラッグシップモデルというと、そのメーカの顔となる機種で、おおむね1台だけが設定されていますが、こういうまったく同じ筐体でセンサーが異なるダブルフラッグシップという概念は面白いですね。なかなかいいアイデアだと思いますし、どちらも性格は異なりますが優れた機種なので、どちらかにフラッグシップモデルと名付けることはできなかってのではないのかなと思います。

Related Posts

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

X-H2
twitterで最新情報をチェックしよう!