“Nikon Z 30のオーバーヒート記事”はフェイクの可能性

フェイク? Nikon Z 30のオーバーヒート

Nikon Z 30で動画を撮影すると、短時間でオーバーヒートによりシャットダウンしてしまうという記事が掲載されています。どのようなことなのでしょうか?

それでは記事をみてみます。

Nikon Z 30が30分でオーバーヒートしてシャットダウンした。4kやFull HD 120pで撮影したときは125分ではなかった。新しいZ 30でエアコンの効いたスタジオで、4k 30pで撮影していたが、33分でシャットダウンした。マニュアルの593ページをみると、実際に「高画質(動画) 約28分」と記述されているのが確認できる。このことは本当にがったりした。このカメラを購入したのは長い時間撮影できるからだったからだ。

エアコンの室内で4k動画を32分以上撮影できない!だれか助けて。

Nikon Z 30が30分で動画撮影が停止するのはなぜか?

Z 30は本当にオーバーヒートする、これが答えだ。

オーバーヒートからカメラを守るために、ニコンはFull HD 60pや4kで撮影したときに制限を追加した。

ニコンのマニュアルのスクリーンショットから、Nikon Z 30の4の動画や高画質Full HDでニコンが時間制限をしていることがわかる。

NewCamera

上記は記事の内容を引用した文章になります。太字のところは記事元の引用です(引用元の引用した記事)。

これをみるとNikon Z 30は実際には125分の連続撮影できると謳っておきながら、4k動画などでは30分でシャットダウンしてしまうという意見があるということになります。これはオーバーヒートが原因なのでしょうか?

そして、記事元の筆者はZ 30のマニュアルを提示して、マニュアルにも30分で停止すると記述しているので、それは間違いないとしています。

本当でしょうか?

実際のマニュアル表記の確認

それでは、その記述されているNikon Z 30のマニュアルを見てみましょう。どのような表記になっているのでしょうか?

Nikon Z 30の説明書

この表をみると、確かに4kやFull HDの120pなどでは録画可能時間が約28分になっています。なるほど、これなら30分前後でシャットダウンしてしまうのは当然ではないかと思ってしまいますが・・・

しかし、この説明書をよく読めばわかるのですが、この撮影可能時間は”32GBのメモリカードに記録できる録画可能時間”という意味で記述されています。つまり、32GBの空き容量であった場合についての最大の記録可能時間を記述したもので、オーバーヒートを懸念して自動的にシャットダウンしてしまうということが記述されているわけではありません。

また、注意書きとして「※2」に「1回の動画撮影で記録可能な最長時間は125分です」という記述があります。つまりNikon Z 30はオーバーヒートを回避するために30分制限という機能をどの録画モードにも設定していないことがわかります(スロー撮影を除く)。

そのため、この記事はフェイクとまではいいませんが、たぶん勘違いで間違って発信してしまったものではないかと思いますね。そして30分でシャットダウンしてしまったと嘆いている人は、恐らく32GBのメモリを利用していたか、その他の要因で30分でシャットダウンしていたのだろうと思います。

一瞬、記事の題名をみてびっくりしましたが、現状ではとくに問題ないと考えられるのでちょっと安心という感じですね。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!