残りの人生1台だけカメラを使うなら オリンパスPEN E-P7を選択する理由

PEN E-P7なしでは生きていけない

もし、カメラを一台だけ選択するとしたらどのようなカメラを選択するのか?そのような記事が投稿されています。

どのようなカメラを選択するのでしょうか?それでは実際に記事をみてみましょう。

なぜオリンパスPEN E-P7なしでは生きていけないのか

毎日、どこにもPENを持って行く。もし、私の人生の残りでカメラを一つだけ持ち続けるとしたら、それはオリンパスのPEN E-P7だろう。

いつでも自分と一緒にいる、それはオリンパスのPEN E-P7。それは単純に、私が手放すことができないカメラだからだ。

それはおかしいと思う人もいるかもしれない。いまや一般的な8k、そして1億画素の中判センサー、そして動物瞳AFがあるのに、なぜエントリークラス、4k動画、2000万画素、コントラストAFのエントリークラスカメラのPEN E-P7なのか。

その返答として納得できないかもしれないが、答えはシンプルだ。このカメラは小さいが非常に素晴らしい。性能では敵わないかもしれない。しかし、大きくないのに賢いカメラだ。

このカメラは市場で最も小さく、そして洗練されたデザインのカメラの一つだ。さらに重要なのは、それはレンズも同様だということだ。APS-Cやフルサイズセンサーのカメラでさえ、本体は小さくすることができるが、レンズはマイクロフォーサーズのように小さくすることは決してできない。

そしてここからが重要だ。もし、EOS R5を持ち出すとしたら、レンズを持ち歩くために大きなスリングバッグが必要になる。EOS M50 Mark IIや、富士フイルムのX-T4であっても大きなレンズを収容するスペースが必要になる。

オリンパスの単焦点レンズ、M.Zuiko 45mm f/1.8のようなレンズであっても、本当に小さい。それは文字通り、塗り薬の缶の二つ分のサイズだ。重量は100gをほんの少し上回る。それらはとても小さく、ポケットにそれら3本のレンズをいれることができ、サンドイッチほどの幅のメッセンジャーバッグに、スマホとクレジットカード、そしてカメラとレンズを詰め込み、毎日どこにでも運ぶことができる。

もし望むのであれば、レンズの選択に悩むことなく、換算18mm、35mm、50mm、そして90mmの焦点距離を単焦点レンズでカバーすることができる。それらどの焦点距離のレンズも私は必要で、もうそれらをズームレンズで妥協する必要がない。

自撮り用のチルト式は、スマホより品質を良く撮影したい場合には、とてもよい選択肢だ。そしてカメラをスマホからも操作することができ、WiFiを通じて簡単に画像を転送することができる。これは本当に、すぐに置き換えることができる。

しかし画質には妥協していない。EOS R5のようなダイナミックレンジ、または色深度の表現に十分か?いや十分ではない。しかし、それを必要だとは感じていない。このカメラの写真は、雑誌の2ページ分の見出しには十分過ぎる。そして、もちろんインスタやFacebookには十分すぎるほどだ。

もし、残りの人生をカメラ1台で過ごすとしたら、それはこのカメラだ。

Digital Camera World

小さいは正義

まずあらかじめ記述しておくと、当たり前ですが、この筆者にとって、もしカメラを1台選択するとしたらPEN E-P7というわけで、すべての人に勧めているわけではありません。

というわけで、それを踏まえてですが、特にカメラやレンズなどシステム全体としての小ささ、そして普通に利用するぶんには画質もマイクロフォーサーズセンサーで十分ということだと思います。さらに、小さいレンズなので、複数の単焦点レンズを持ち歩いても苦痛にならないということも理由の一つのようですね。

もちろん、仕事でカメラを所有している人と趣味の人はまったく違うはずで、例えばスポーツ撮影などではフラッグシップカメラのほうが便利だから必要という人もいれば、室内で撮影するのでフルサイズセンサーが欲しいという人もいると思います。

ですが、撮影を趣味とする人で、散歩でも出勤でも常にカメラを持ち歩きたいという人にとっては、自分もマイクロフォーサーズぐらいのカメラが小型で非常に便利に利用できるだろうと思いますね。以前は1インチのNikon 1を常にバッグに入れていましたが、邪魔にならず便利に撮影できていました。

センサーサイズが小さいことによりカメラ、レンズなどシステム全体で小さくすることが可能なわけですが、それには特に高感度での画質の低下とトレードオフになります。様々な技術開発による性能の向上で、個人的には1インチセンサーが最もベストバランスになると思っているのですが、いまはそのバランスはマイクロフォーサーズあたりにあるかもしれません。

そして、いつも思うのですがニコンがNikon 1を継続していれば・・。レンズが交換できるという意味で、高級コンデジのいいライバルになる機種になったのではないのかなと思いますね。

OMデジタルの最新情報もあります

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!