ソニー ZV-E10とニコン Z 30はどちらがベストか??

ZV-E10とZ 30はどちらを選べばいい?

ソニーのZV-E10とニコンのZ 30のどちらを選べばいいのか?という記事が掲載されています。どちらを選択すればいいのでしょうか?それでは記事をみてみます。

ソニーのZV-E10と、ニコンのNikon Z 30は多くの観点でとても似たカメラで、両者からどちらを選択することはやや難しい。

もし静止画の撮影が主であれば、恐らくニコンを選択する。よりよいキットズームレンズと、スナップブリッジによるムーズな撮影物の共有は、前面と背面のコントロールダイヤルにより設定できるのと同じように、絶対的な優位点だ。もし4k 30pで全画素読み出しの動画を撮影したいのであれば、これも明白なアドバンテージになる。

しかしながら、もしあなたが16-50mmのパワーズーム以外での撮影を計画しているのならば、ソニーのバッテリーの持ちは優れており、ヘッドフォン端子が内蔵され、そしてレンズの選択肢が広いこと、これらすべては説得力のある利点となる。ZV-E10は動画で強いローリングシャッター歪みがあることを示しており、これはZ 30に対して大きな欠点だ。しかし、ZV-E10のオートフォーカスには優位性がある。静止画の撮影では簡単で素早く、動画の撮影時にはやや信頼性が高い。そして、ニコンはそれに対して十分に対抗しているとは思えない。

DPREVIEW

上記はまとめ部分を引用していますが、全文はかなり長くて詳細ですので、すべての文章は記事元リンクからご覧ください。

さて、記事によればZV-E10とZ 30は似たようなカメラで、どちらを選択すればいいのかはやや難しいとしています。そして、その後に、その理由がいくつか記述されているわけですが、これを読んだだけではやや理解が難しいかもしれませんので、ちょっと補足してみます。

まず、キットレンズについてはニコンのほうが優れているとしています。ただ、ニコンはマニュアルズームでソニーはパワーズームであることに注意が必要です。それを踏まえて、静止画が主になるのであればレンズ性能の高いニコンがよく、ソニーの評価における「パワーズーム以外での撮影を計画しているのであれば」という表現になっています。つまり他のレンズを購入して利用するなら、キットレンズを使う必要がないので、そのデメリットはなくなるわけですね。なのでパワーズーム以外を使う場合ならZV-E10も十分に選択肢になるわけです。

次に、SnapBridgeというのはニコンのスマホとカメラを連携させるソフトです。画像をシェアするのではれあれば便利に利用できるSnapBridgeがあるニコンのカメラのほうがいいと言っているようですね。

さらにもし4k 30pで全画素読み出ししたい場合にもZ 30が有利です。ZV-E10では全画素読み出しではなくクロップされた動画になってしまいます。

ローリングシャッター歪の多いZV-E10

ZV-E10のレビュー記事が掲載されていた頃から問題視されていましたが、ZV-E10はローリングシャッター歪み(いわゆるこんにゃく現象)がかなり大きく、持ち歩きでの撮影などには不向きと言われていました。Z 30のほうはローリングシャッター歪みが少ないようですので、このあたりは確かにZ 30のメリットで、ZV-E10のデメリットとなるのかもしれません。

そしてZV-E10の優位点としてAF性能が挙げられていますが、これはAF性能そのものが優秀ということではなく、設定や、認識する被写体を選択できるところでZV-E10のほうが使い易いということになるのだろうと思います。

これは以前にも記述しましたが、ソニーには「商品レビュー用設定」という被写体認識モードがあり、通常は瞳/顔を認識してピントをあわせるけれども、この設定にするとカメラに「商品」を近づけると、その商品にピントを合わせてくれるという商品紹介の専用AFモードを備えています(もちろん商品に限られるわけではなく使い方によって利便性は無限大です)。

また、ニコンの場合は瞳検出と顔検出が別々のモードなので、顔にピントを合わせたい場合にはトラッキングモードをOFFにする必要があり不便だというような指摘も、このレビューに記述されています。

このようにAFの機能に対してユーザが使いやすいよううまく設定しているのがソニーなのかなという感じがします。

たぶん、今後はキヤノンも同じ市場にビデオブロガー向けのカメラを投入してくると思いますので、この市場もかなり競争が激しくなるでしょうね。

その他Nikon Z 30の最新情報を知りたい人はこちらから

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!