Nikon Z 30とソニーZV-E10を簡単に比較してみる

Nikon Z 30

Nikon Z 30とZV-E10の簡単な比較

ようやくNikon Z 30が発表されました。このZ 30は、以前に噂されていたとおり、EVFのない動画撮影向けのカメラとしてリリースされました。

となると、同じような層をターゲットにしているソニーのZV-E10と比較したくなります。というわけで、ちょっと簡単にですが違いをみてみます。

このほかにも様々な違いはあるのですが、基本的には多少の違いで機能的な違いはだいたい上記になるのではないかと思いますね(同じ機能のものも一部リストにしています)。

まずは価格ですが、Z 30のほうが12万円前後と高い設定になっています。しかし、実際の店頭での価格は、予想価格のだいたい80%ぐらいになる可能性が高いので、そう考えると9万6000円から10万円ぐらいに収まると思います。そう考えると、あまり価格的な差はないのかなと感じます。

そして、レンズですが、ズームレンズキットの焦点距離はまったく同じで望遠端の解放f値が若干異なります。しかし大きな違いはZV-E10のほうがパワーズームを採用していることです。静止画ですとマニュアルズームのほうが手早くズームができて便利なことが多いのですが、動画ではリニアにズームしたいことも多いため、パワーズームのほうが重宝されます。そう考えると、ニコンも今後はパワーズームの投入を考えなければならないかもしれません(本気でカメラを売りたいのなら)。

そして画素は2088万画素と2420万画素と若干異なります。

動画撮影時のクロップファクター

上記で画素数が異なると書きましたが、それが影響しているのでしょうか?動画性能では両者に少し違いがあるようです。例えば、4k 30pを撮影したい場合には、Z 30の場合は全画素読み出しですが、ZV-E10の場合は30pで1.23倍のクロップが発生します。つまり全画素を利用していないことになります。画素数が増えると処理に時間がかかるため、4k 30pの動画を記録するにはイメージプロセッサの演算能力が足りなかった可能性もありそうです。

また、動画に関する機能としては、ZV-E10にはヘッドフォン端子があるものの、Z 30にはありません。なので風切り音が入っているとか動画撮影中には確認することができないということで、ちょっと不便かもしれません。

また、これも最大の違いの一つになりますが、ZV-E10はLogの撮影ができますが、Z 30ではLogの設定はなく、単純な露出補正やピクチャーコントロールになってしまいます。なので、Z 30はLogを使いたいようなプロフェッショナル向けではないということになるかもしれません。ただ、Logが必要なプロフェッショナルな人はZ 30のようなカメラは購入しないと思いますし、Logの扱いは面倒なので一般のビデオブロガーには必要ないと考えれば、割り切っているとも考えることができそうです。

このほかにもサイズや重量の違いなども結構あり、Z 30のほうが一回り大きく、重量も重たくなっています。

■ Z 30
約128 × 73.5 × 59.5mm
質量 約405g(バッテリ、メモリカード含む)

■ ZV-E10
約115.2 x 64.2 x 44.8mm
重量 約343g(バッテリ、メモリカード含む)

というわけで簡単に比較してみましたが、このような機能的な違いがあることがわかりました。動画撮影時のクロップの有無、ヘッドフォン端子の有無、Log撮影の有無、重量やサイズの違いを考えると、どちらのほうが優位性があるでしょうか?

Nikon Z 30
twitterで最新情報をチェックしよう!