ニコン Z 17-28mm f/2.8を正式発表 やはりタムロン製か??

NIKKOR Z 17-28mm f/2.8を正式発表

ニコンがNIKKOR Z 17-28mm f/2.8を正式発表しました。先日、噂になっていたタムロンODMの広角ズームレンズだと思われます。

どのようなレンズなのかみてみましょう。

NIKKOR Z 17-28mm f/2.8
2022年10月28日発売予定
予約販売受付は、9月22日10時より開始します。

ダイナミックな映像表現が気軽に楽しめる、小型・軽量、開放F値2.8一定の超広角ズームレンズ。

フルサイズ/FXフォーマットで17mmから28mmまでの焦点距離範囲を、明るい開放F値2.8一定でカバー。全長約101mm※1、質量約450gと小型・軽量で、優れた携行性と高い光学性能を備えています。街歩きや旅行先でも携行しやすく、超広角ならではのパースペクティブを活かした撮影、明るい開放F値2.8と最短撮影距離0.19m※2で被写体を際立たせたダイナミックな撮影など、多彩な被写体や撮影シーンに対応し、表現の幅を広げます。
また、動く被写体にもスムーズにピント合わせができる高速AF制御、「STM(ステッピングモーター)」や「コントロールリング」の採用による高い静音性と滑らかな操作性の実現など、動画撮影時の使いやすさも追求しています。

製品特徴

  • 持ち運びしやすく、重量バランスに優れた、小型・軽量設計
  • 普段使いや旅行に最適な、開放F値2.8一定の超広角ズームレンズ
    • 何気ない情景もダイナミックに表現できる焦点距離範囲
    • 暗所でも使いやすい明るい開放F値
  • ダイナミックな映像表現ができる最短撮影距離0.19m
  • 高速で静粛な、ストレスを感じさせないAF性能
  • 動画撮影に配慮した設計
    • 鏡筒の全長が変化しない使いやすい設計
    • フォーカスブリージングの抑制
    • 高い静粛性と滑らかな制御
  • 撮影距離を問わない、絞り開放から安定して得られる高画質
  • 操作性にも配慮した洗練されたデザイン
  • 安心して持ち歩ける、防塵・防滴、防汚性に配慮した設計
  • 汎用性の高い、φ67mmのフィルターアタッチメントサイズ

主な仕様

型式ニコン Z マウント
焦点距離17mm-28mm
最大口径比1:2.8
レンズ構成11群13枚(EDレンズ2枚、スーパーEDレンズ1枚、非球面レンズ3枚)
画角104°-75°(撮像範囲 フルサイズ/FXフォーマット)
79°-53°(撮像範囲 APS-Cサイズ/DXフォーマット)
焦点距離目盛17、20、24、28mm
ズーミングズームリングによる回転式
ピント合わせIF(インターナルフォーカス)方式
最短撮影距離0.19m(焦点距離17mm)、0.23m(焦点距離20mm)、0.26m(焦点距離24mm)、0.26m(焦点距離28mm)
最大撮影倍率0.19倍
絞り羽根枚数9枚(円形絞り)
絞り方式電磁絞りによる自動絞り
最大絞りf/2.8
最小絞りf/22
アタッチメントサイズ(フィルターサイズ)67mm(P=0.75mm)
寸法約75mm(最大径)×101mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量約450g
付属品• レンズキャップ LC-67B(スプリング式)
• 裏ぶた LF-N1
• レンズフード HB-107
• レンズケース CL-C1

MTF曲線WideNIKKOR Z 17-28mm f/2.8のMTF性能曲線図 Wide

MTF曲線TeleNIKKOR Z 17-28mm f/2.8のMTF性能曲線図 Teleレンズ構成図

NIKKOR Z 17-28mm f/2.8 レンズ構成図

超広角ズームレンズはタムロン製?

ニコンから超広角ズームが発表されました。NIKKOR Z 17-28mm f/2.8は10月28日の発売で、希望小売価格は18万3370円です。価格的に高いように思えますが、今販売されている広角ズームのNIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sが現在の最安値で26万4800円、NIKKOR Z 14-30mm f/4 Sが14万2000円であることを考えると価格的にはかなり安いレンズと言えるのではないかと思います。

また、タムロンの17-28mm F/2.8 Di III RXDのレンズ構成図やMTF曲線をみると、恐らく、このレンズはやはり17-28mm F/2.8 Di III RXDそのものと考えても良さそうです。

タムロンWebサイト

ただ、17-28mm F/2.8 Di III RXDの希望小売価格は13万7500円でしたが、こちらは18万3370円ですので、4万5000円程度の上乗せがされている計算になります。だいたい希望小売価格の80%の価格で発売されることがおおおいので、NIKKOR Z 17-28mm f/2.8は14万7000円ぐらいが初値になると思いますね。

いま現在、似たような焦点距離のレンズがあり、NIKKOR Z 14-30mm f/4 Sがそれになるわけですが、価格も近いので、なぜNIKKOR Z 17-28mm f/2.8を発売したのかというのはちょっと気になります。開放f値も明るいということで差別化されているということなのでしょうか?動画にも利用できそうですので、広角ズームとしては便利に利用できると思います。

Related Posts

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!