ソニー 50mm f/1.2はニコン、キヤノンの大口径マウント神話の間違いを証明??

ソニーが50mm f/1.2 GMを正式発表

ソニーが50mm f/1.2 GMを正式に発表しました。

ソニーのサイトでは、このレンズの開発者インタビューとして以下のような内容が記述されています。

菊地: 我々は、これまでにも様々な大口径単焦点レンズを商品化してきましたが、より明るい大口径レンズへの期待を世界中の多くのお客様からいただいておりました。その中でも多かったのが50mm“標準”のF1.2 G Masterを求める声です。

開放F値1.2の大口径レンズを開発する上で、我々がこのレンズで追求したのはG Masterの解像とぼけを高いレベルで達成しつつ、お客様が“本当の意味で使いやすい”レンズにすることでした。明るさを求めるあまり、レンズが大きく重くなりすぎては、小型・軽量を特長とするEマウントシステムを生かすことができません。また、いくら光学性能が良くても、カメラボディの持つ最新のオートフォーカス(AF)性能を引き出せないレンズや、AFが使えないようなレンズでは、お客様には満足頂けないと考えました。

AF性能に一切の妥協をせず、取り回しや機動性の良さも実現した、αレンズ史上最も明るい*Fナンバーのレンズを実現するため、このレンズにはソニーの最先端の技術を惜しみなく投入しています。このレンズを手にして頂いたお客様には、高い光学性能はもちろんのこと、F1.2の大口径レンズにもかかわらず、こんなにも軽快で静粛なAF動作をすることに驚いて頂けると思います。

ソニーの特設サイト

これをみるとわかりますが、レンズの性能をもとめつつ、小型軽量を目指したとしています。そして、実際にキヤノンやニコンのf/1.2より小型軽量になっているということで、素晴らしいレンズに仕上がっているということをいいたいのだと思います。

そして海外のサイトでは以下のような投稿がありました。

ニコンとライカは「マウント口径」神話で間違っていたことを示している

ソニーが新しい50mm f/1.2 GMを発表した。このレンズは、世界にソニーは他の競合レンズよりも優れていて、小さく、軽量でより安いレンズを作ることができることを見せつけることを、唯一の目標として作られている。そして、そのことすべてがマウントの口径問題の論議は実用面においては・・・ほんとうにくだらない

MirrorlessRumors

ソニーのEマウントで、これだけのレンズが発売できたのだから、大口径を選択したメーカは間違っていたと言わんばかりの言いっぷりです。

各社のマウント戦略

それでは各社のマウントはどのような口径になっているのでしょうか?具体的には以下のようなマウントになっています。

・キヤノンRFマウント フランジバック20mm マウント口径54mm
・ニコンZマウント フランジバック16mm マウント口径55mm
・ライカLマウント フランジバック20mm マウント口径51mm
・ソニーEマウント フランジバック18mm マウント口径46mm

・(参考)キヤノンEF-Mマウント フランジバック18mm マウント口径47mm

フランジバック(マウント面からセンサーまでの距離)もまちまちですが、おおよそ18mm前後になっていて数mmぐらいの差なので、さほどの違いはないと言えそうです。しかしマウントの口径は各社によってかなり異なります。キヤノンとニコンは同じようなマウント口径でRFが54mm、Zが55mmです。キヤノンのRFとニコンのZは1mmだけニコンが大きいですが、フランジバックが4mmもニコンのほうが短いので、見かけ上の開口部はニコンのほうがかなり大きいことがわかります。

そしてこの中で最もマウント口径が小さいのがソニーのEマウントです。ニコンのZマウントと比較すると約1cmほど小さく、キヤノンのRFマウントと比較しても8mmほど小さいということになります。

このことから考えると、キヤノン、ニコンは大口径マウントを採用し、ソニーはキヤノンが採用しているようなAPS-Cミラーレスとほぼ同じサイズのマウントを採用していることがわかります。そして、ライカは両者の中間という感じでしょうか?

ちなみにキヤノンはEOS Mなどで採用するEF-Mマウントで実験してみたところ、目指した性能が出せなかったのだそうです。

キヤノンは当初、APS-Cミラーレス「EOS M」シリーズのEF-Mマウントで35mmフルサイズを実現することも検討したが、目指した性能が出ないなど、満足のいく結果が得られなかったという。そしてマウント径も無用に大きくしたところでシステムが大型化するため、複数のレンズを実際に設計して、光学的メリットとサイズのバランス、カメラの強度などを見ながら54mmに決めた。

デジカメWatch

なのでキヤノンの言葉を借りれば、EF-Mマウントの仕様に近いEマウントもキヤノンが目指す性能を出すことが出来ないマウントだと考えることができます。

それでは今回の50mm f/1.2 GMの発売で、マウント口径問題に結論が出るのでしょうか?そのあたりはかなり難しい問題だと思います。

もし、50mm f/1.2 GMがGMレンズとはいえ周辺減光や収差など補正前提のレンズであったり、描写性能がよくなければやっぱりよくないねということになります。しかし、もし補正前提でなくレンズ設計や新たなレンズ材料による新しい革新により、素晴らしいレンズを発売できるようになったということであれば、マウント口径って、少なくとも焦点距離が50mmより長いレンズにおいてはあまり関係なくなってきているほどまで技術が進んでいるということが言えるのかもしれません。

いずれにせよ実際のレビュー待ちというところでしょうか?レビューサイトなどでどのようなレビューになるのか非常に興味のあるところですね。

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!