ニコン正念場 オリンパスの次はニコンが撤退かと不安視する声

悪いニュースも相次ぐ。2020年6月にはオリンパスが慢性的な赤字が続く映像事業を投資ファンド、日本産業パートナーズ(JIP)に譲渡すると発表。デジカメ市場からの撤退を決めた。当面はJIPのもとで「オリンパス」ブランドのデジカメ事業が継続されるが、オリンパスから切り離されたことで先行きの不透明感も増している。カメラユーザーが集まるネットサイト上では、「次はニコンか」と不安の声も出ている。

デジカメ市場を支えるプロやハイアマチュアの顧客層は、撮影対象やシーンに合わせて使い分ける交換用カメラレンズを購入してきた。ニコンであれば、ミラーレスでも使用できる一眼レフのレンズだけでも約400種類あり、中には100万円を超える高額品もある。「赤字がこれだけ続くと、ニコンもカメラ事業から撤退し、これまで購入してきたレンズ資産が無に帰すのでは」と不安視するプロカメラマンもいる。

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/58940da439a84b9c35d1181f980fbb269c9ff506

ニコンのカメラ事業継続に不安視する声

東洋経済ONLINEがニコンのカメラ事業に関して記事にしています。記事は長文で、なかなか面白い内容ですので、全文は記事元リンクから全文をご覧ください。無料会員登録で全文をご覧になれます(ステマみたくなってすいません)。

記事はニコンが今後もカメラ事業を継続できるのか?といった内容に記事になっています。その中で、引用したようにニコンの営業事業が赤字続きだと、購入した資産が無駄になる可能性もあるので心配しているという声があることがわかりました。

確かに、フルサイズ用ですとレンズもカメラも高額になります。まだ企業で購入して社員に利用してもらっているような形ならいいのかもしれませんが、完全に個人で仕事をしている人はすべて機材を購入した人の持ち出しになりますので、どうしても安定した企業の製品を購入したいと思うのは理解できるところですよね。

なので企業の経営状況が厳しいというような報道が続いたり、魅力的な製品が出せないということになると、いくらプロフェッショナルに手厚いサービスを提供するとしても、安心して購入できないと判断されてしまうのも仕方がないと思います。

長いことニコンを利用してきたユーザは、レンズ資産なども多いのでそのまま一蓮托生という選択肢もあると思いますが、新しく起業しようとする新しいユーザは、積極的にニコン製品を購入する理由がなくなってしまうことにもなりますので、心配になりますね。

ニコン的にはかなり楽観的な考え方のようですが、もう少し危機感があったほうがいいのかなと記事を読んで思いました。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog