キヤノン フラッグシップ一眼レフ機の生産と開発終了へ

キヤノン フラッグシップ一眼レフ開発終了へ

 キヤノンの御手洗冨士夫会長兼社長CEO(最高経営責任者)は読売新聞のインタビューに応じ、従来のデジタル一眼レフカメラの旗艦モデルの開発や生産を数年後に終了して、「ミラーレスカメラに一本化する」と明らかにした。

読売新聞オンラインより

キヤノンが一眼レフのフラッグシップモデルの開発、生産を終了し、ミラーレスへ一本化することが明らかになりました。キヤノンの御手洗会長兼社長CEOが読売新聞に対して明らかにしたもので、一眼レフのフラッグシップモデルの開発や生産を数年後に終了し、ミラーレスへ一本化するとしています。

記事ではEOS R3よりも高性能な上位モデルの発売を示唆している発言もありますので、全文は記事元リンクからご覧ください。

これに伴い、一眼レフのフラッグシップモデルはEOS-1D X Mark IIIが事実上、最後の製品になる可能性があり、EOS-1D X Mark IIIの後継機種はミラーレスとして発売されることが決定したことになります。

ですが、これはフラッグシップモデルのみで、一眼レフカメラのエントリークラス、ミドルクラスは海外での需要があることから、しばらくは開発や生産を続けるとしています。

フラッグシップモデルの開発は終了になりますが、エントリーやミドルクラスは後継機種も発売されるようで、多くのキヤノンユーザはほっとしたのではないかと思います。

一眼レフ完全終了も間近か?

一眼レフのフラッグシップモデルの後継機種を諦めるということになると、もうミラーレスカメラでほとんど一眼レフがカバーしていた撮影対象を撮影可能になっていると考えることができます。そう考えるとプロフェッショナルモデルとして発売できるほど性能が十分に向上してきているのですから、エントリーやミドルクラスでもミラーレスで性能的には事足りるはずで、エントリーやミドルクラスでの一眼レフの終了も近いのではないかと思いますね。

海外では一眼レフの人気が底堅いということのようですが、海外でミラーレスシフトしはじめたら一眼レフの製造をとりやめてしまうかもしれません。

ニコンも同様で、ミラーレス市場のほうが大きくなった国内市場では、廉価な一眼レフの投入を事実上、取りやめているような状態です。近い将来、日本国内では一眼レフを販売するのはペンタックスだけになる可能性もありえるのではないかと思います。

日本のカメラが海外におけるシェアを獲得するのに一役買った一眼レフですが、その生産、開発が終了する可能性もあるということで、また一つ偉大な製品がニコンやキヤノンから発売されなくなってしまうかと思うとちょっと寂しいですね。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

最新情報をチェックしよう!