デジカメ売れ筋ランキング Nikon Z fcが大幅ダウン 三日天下なのか??

BCNランキング公開

1 キヤノン EOS Kiss X10 ダブルズームキット ブラック
2 ソニー α6400 ダブルズームレンズキット ブラック
3 ソニー α6400 ダブルズームレンズキット シルバー
4 キヤノン EOS Kiss M ダブルズームキット ホワイト
5 キヤノン EOS Kiss M2 ダブルズームキット ホワイト

16 ニコン Z 50 ダブルズームキット
21 ニコン Z fc 16-50 VR SLレンズキット
27 ニコン Z fc 28mm f/2.8 Special Edition キット

BCNランキング

BCNがデジタル一眼カメラの売れ筋ランキングを公開しています。集計期間は7月5日~11日となっています。すべてのランキングは50位まであります。上位はTOP5と、ニコンのZ 50、Z fcに関係するランキングのみ引用したものになります。すべてのランキングは記事元リンクからご覧ください。

上記のランキングの通り、今回はキヤノンのEOS Kiss X10が1位にランクインしています。ミラーレス全盛とはいえ、まだ一眼レフも売れているようですね。ニコンは廉価な一眼レフから撤退してしまったようですので、キヤノンが一眼レフの残存者利益を得ているという状況になっています。ニコンが廉価一眼レフの新製品を発表しないのは、経営上決定されたことなのか、半導体不足が影響しているのかどうかはわかりません。

ランキング上位にはソニーとキヤノンのミラーレスカメラがランクインしていて、それぞれ激しく競い合っていることがわかりますね。キヤノンはKiss MとKiss M2とで需要が分散してしまっているようなので、実質的にはキヤノンのシェアのほうがソニーより高いのかな?と思います。

Nikon Z fcは三日天下なのか

想定以上の予約があったということがニコンからアナウンスされているNikon Z fcですが、今回はBCNランキングで21位と27位にランクインしています。ちなみに前週は、Z fc 16-50 VR SLレンズキットが18位で、Z fc 28mm f/2.8 Special Edition キットが11位でした。Z fc 16-50 VR SLレンズキットは18位から21位へ、Z fc 28mm f/2.8 Special Edition キットは11位から27位までランキングが落ち込んだことになります。

・Z fc 16-50 VR SLレンズキット 18位→21位
・Z fc 28mm f/2.8 Special Edition キット 11位→27位

こうしてみるとZ fc 16-50 VR SLレンズキットはランキングをある程度は維持しているようですが、Z fc 28mm f/2.8 Special Edition キットのほうは11位から27位まで大きくランキングを落としていることがわかります。

この理由はよくわからないわけですが、可能性としては二つあり、すでに初期需要を満たしてしまったためランキングを落としてしまったか、発売後すぐに供給不足がアナウンスされたので予約をすることを止めた人がでてきてしまった可能性があると考えられます。また、供給不足がわかり販売店の都合で製品の予約を取りやめたため、そもそも製品の予約ができなくなったので、そのぶんの販売数がランキングから除外されてしまったという可能性もあると思いますね。

個人的には、発売日に入手することができなくなったことを知って、それだったら入荷されてから購入しようと考えた人が予約を取りやめた結果、ランキングが下がっているのだと思います。

それは、それぞれのZ fcのキットレンズのランキングにも表れていると思われ、供給不足のアナウンスが遅れたZ fc 16-50 VR SLレンズキットのほうはランキング上位にあり、予約開始早々で供給不足のアナウンスがあったZ fc 28mm f/2.8 Special Edition キットが大幅なランクダウンしていることからも、供給不足がランクダウンの原因になったのではないかと想像することができそうです。

少なくともニコンの想定以上の予約があるということは、それだけ供給が元通りに戻るまで時間が掛かるということになりますので、ランキングの上下動も激しくなると思います。そして購入を検討している人はどのタイミングで購入/予約をするのか難しい状況になっていると思いますし、実際の人気はどの程度あるのかどうかを、各種ランキングから推測するのはしばらく難しい状況になりそうです。

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!