ヨドバシ 一眼カメラ5月下旬ランキング ニコン久しぶりのランクイン

ヨドバシ 一眼カメラ5月下期ランキング

第1位 ソニー α7C ズームレンズキット
第2位 キヤノン EOS R5 ボディ
第3位 ソニー α7 III ボディ
第4位 ソニー α6400 ダブルズームレンズキット
第5位 ソニー α7C ボディ
第6位 キヤノン EOS R6 ボディ
第7位 ソニー α7 III レンズキット
第8位 ソニー α7S III ボディ
第9位 ニコン Z 50 ダブルズームキット
第10位 ソニー Cinema Line FX3 ボディ

CAPA CAMERA WEB

ヨドバシカメラの5月下期デジタル一眼カメラの売れ筋ランキングが公開されています。ランキングの解説などもありますので、全文は記事元リンクからご覧ください。

ランキングは相変わらずソニーとキヤノンが上位を争っているという状況になっているようですね。ソニーはコンパクトなα7Cから動画撮影用のα7S、シネマカメラ、APS-Cミラーレスと幅広いジャンルでランクインしていて、もうカメラ市場を席巻しているような状態になっているとすら思えるほどです。

その次に健闘しているのがキヤノンでEOS R5、EOS R6が順当にランクインしていますね。

ニコンはZ 50が久々のランクイン

ニコンからはNikon Z 50が久々のランクインです。もう以前にいつランクインしていたのか覚えていないぐらいなので、恐らく数ヶ月ぐらいランクインしていないはずです。ニコン製品がランクインするのは久々ですが、キャッシュバックキャンペーンも行われていないですし、何が理由でランクインしたのかはちょっとよくわかりません。価格がこなれてきたということもあるのでしょうか?

こうしてみるとソニーが絶好調のように見えますが、ヨドバシカメラはハイアマチュアやプロフェッショナルの人が多く利用するショップですので、どうしてもランキングが偏りがちです。APS-Cミラーレスなども含めたら、キヤノンのEOS Kiss Mなどが上位に入るはずで、シェア的にはキヤノンもまだまだ上位に位置していると思います。

ソニーはフルサイズは絶好調ですが、フルサイズ市場そのものが小さいので、キヤノンからシェアを奪うためにはEOS Kiss Mの対抗となるα6400がどれだけキヤノンからシェアを奪うことができるのか?ということが鍵になるのかもしれません。

ソニーはしばらくフルサイズに注力していたのでAPS-Cはおざなりになっていましたが、ここのところAPS-Cミラーレスにも力を入れ始めていますので、競争力のある新製品に期待したいところですね。

そしてニコンに関してはヨドバシのランキングでフルサイズが1台もランクインしていないというのは、ちょっと心配になりますよね。ヨドバシカメラのランキングでZ 50が好調とはいえ、価格がやや高めの設定なのでなかなか全国規模のランキングの上位に入ることがなく、こちらも心配になります。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top