ニコン Z 28mm f/2.8、Z 40mm f/2の開発を正式発表

ニコン Z 28mm f/2.8、Z 40mm f/2を開発発表

「ニコン Z マウントシステム」対応の小型・軽量単焦点レンズ「NIKKOR Z 28mm f/2.8」「NIKKOR Z 40mm f/2」を開発

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)は、「ニコン Z マウント」を採用したフルサイズ(ニコンFXフォーマット)ミラーレスカメラ対応の小型・軽量単焦点レンズ「NIKKOR Z 28mm f/2.8」および「NIKKOR Z 40mm f/2」の開発を進めています。発売は、2021年内を目指しています。

「NIKKOR Z 28mm f/2.8」は日常のスナップ撮影に適した広角単焦点レンズ、「NIKKOR Z 40mm f/2」はボケを活かした表現が気軽に楽しめる標準単焦点レンズで、いずれも鋭意開発を行っています。ミラーレスカメラを初めて使われる方をはじめ、幅広いユーザーに気軽にお使いいただける、日常のさまざまな撮影シーンで活躍する小型・軽量の単焦点レンズです。

ニコンは、今後も新次元の光学性能を追求し、ユーザーのニーズに応えていきます。そして、映像表現の可能性をさらに拡げることを目指し、映像文化の発展に貢献します。

ニコンプレスリリース

以前から噂されていたニコンの新レンズですが、本日、2本のレンズの開発発表が正式にありました。まだ開発発表の段階で、発売は年内を予定しているそうです。

それぞれ製品は、NIKKOR Z 28mm f/2.8とNIKKOR Z 40mm f/2で、かなり小型になっていることがわかりますね。開放f値も控えめなので小型なZ用のカメラが発売されたら、かなり持ち運びに便利なお散歩カメラ用のキットレンズになりそうです。あとは、価格がどの程度になるのかが気になりますね。

でも、Zマウントがそもそも大きいので、たぶん実物をみたら思いのほか大きく見えそうなので、実際にどの程度のサイズなのかも気になります。

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!