人気カメラの販売状況を調査 多くのカメラで販売数激減 半導体不足の影響か

α7IV

ランキング上位カメラの販売状況

現在、価格.comで上位にランクインしている10機種のうち、現在の販売状況がどのようになっているのかを調べてみました。

最近の半導体不足はカメラメーカにも影響を与えていて、新製品や新レンズは軒並み入手がしにくい状況になっています。そのため特に最近発売された新製品や、人気商品はなかなか入手しにくい状況です。現在の、人気カメラについて、販売状況がどうなっているのか、最安値とあわせて調べてみました。

それが以下のリストになります。

カメラ名 発売日 最安値 販売店数
α7 IV ILCE-7M4 ボディ 2021年12月17日 26万6010円 13/34
Z 9 ボディ 2021年12月24日 62万8650円 3/25
EOS R6 ボディ 2020年8月27日 29万9299円 23/32
Z fc 16-50 VR SLレンズキット 2021年7月23日 13万4640円 12/34
EOS R3 ボディ 2021年11月27日 67万3200円 0/17
EOS RP RF24-105 IS STM レンズキット 2020年4月中旬 14万6419円 25/36
EOS R5 ボディ 2020年7月30日 43万8308円 37/44
α7 III ILCE-7M3 ボディ 2018年3月23日 19万4347円 22/48
VLOGCAM ZV-E10 ボディ 2020年9月17日 7万7310円 9/10
α7C ILCE-7C ボディ 2020年10月23日 19万6500円 29/41
価格.comより

これをみると、キヤノンが比較的に販売ショップが多く、ショップを選ばなければ購入できる状況になっていることがわかります。ただし、EOS R3は登録ショップまで極めて少なく、入手しにくい状況になっています。

ソニー製品もα7 IVがまだ販売しているショップがあるのに驚きますが、ZV-E10などは販売ショップ数がごくわずかで、供給不足を告知しているだけのことはあるなという印象ですね。そのかわりα7 IIIは発売から時間が経過しているのか、市中在庫が多く比較的に購入しやすい機種になっていると思います。

そして、ニコンのカメラについては、Z 9はやはり購入しにくい状況で、Z fcも若干ですが在庫が復活傾向ではあるものの、まだショップを選べるまでには在庫が復活しているとは言えない状況です。

来年も厳しい状況が続くか

半導体不足についは、まだまだ厳しい状況が続いていて、今年いっぱいは問題が続く可能性があると言われています。今や家庭内のほとんどの製品に半導体が使用されていますので、何か問題があったときに購入できないといった可能性があると思いますね。

例えば、欲しいスマホや急速充電器が購入できなかったり、故障したクーラー、洗浄機付きトイレ、電子レンジ、ノートパソコン、PC、タブレットなどあらゆるものが在庫が少なくなっている可能性があるので、製品の故障には十分に注意しなければならないような状況です。

そして、カメラに話を戻すと、上記の表をみてもらえればわかりますが、ほとんどの製品で販売ショップ数が登録ショップ数の半分ほどにまでなっていて、カメラ全体的に在庫が少なくなっている可能性が考えられます。なので、将来的にはカメラそのものも入手できなくなってしまう可能性もあるのかなと思いますね。

お知らせtweetしています

新着記事のお知らせtweetをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top