キヤノン 人気RFレンズ在庫調査 軒並売りきれの異常状態

RF16mm F2.8 STM

キヤノン 人気レンズの販売状況は?

様々なメーカの交換レンズが、半導体不足などの影響で供給不足になっています。そのなかでも、特にキヤノンの交換レンズはかなり在庫がないような状況になっています。

そこで、キヤノンの人気ミラーレス用レンズについて、価格.comでどの程度の販売ショップがあるのか調べてみました。条件は価格.comの売れ筋交換レンズの上位10本で、RFマウント用レンズに限定しています。

それぞれのレンズについて、現在の販売ショップ数を調べてみたところ以下のような結果になりました。

レンズ名 発売日 最安値 販売ショップ数
RF24-105mm F4 L IS USM 2018/9/5 13万8105円 5/22
RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM 2020/7/10 32万8180円 26/44
RF100-400mm F5.6-8 IS USM 2021/9/14 8万1450円 4/23
RF16mm F2.8 STM 2021/9/14 3万7620円 0/20
RF24-70mm F2.8 L IS USM 2019/8/28 26万9800円 16/29
RF24-240mm F4-6.3 IS USM 2019/7/ 9 11万8800円 3/21
RF14-35mm F4 L IS USM 2021/6/29 21万2850円 1/17
RF70-200mm F2.8 L IS USM 2019/10/24 30万6500円 10/27
RF50mm F1.8 STM 2020/11/ 4 2万5740円 26/39
RF70-200mm F4 L IS USM 2020/11/ 4 19万3000円 25/44

廉価で発売間近な製品が不足気味か

販売ショップ数をみると、多くのレンズでほとんど在庫がない状態で、比較的在庫のあるレンズでも半数以上のショップで在庫切れ状態になっていることがわかります。このことから、キヤノンのRFマウント用交換レンズについては、多くの製品で供給不足の状況になっていると考えられそうです。

特に在庫数が少ないのは、発売から時間が経過していないレンズかつ価格的に廉価な製品が人気があるようで、販売ショップ数がかなり少なくなっています。

ニコンのレンズもNikon Z 9の発売で品薄傾向になっているようですし、EOS R5/R6の発売や、最近のEOS R3の発売が合わさることで、さらにキヤノンレンズの品薄に拍車がかかっている可能性がありそうです。

海外のカメラ関係のサイトでは、キヤノンのレンズが入荷したことがニュースになるほどですので、世界的に交換レンズ不足になっている可能性があります。メーカとしては売りたいのに売れない状況はもどかしいと思いますね。半導体や部品不足はいつまで続くのでしょうか?

お知らせtweetしています

新着記事のお知らせtweetをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top