ニコン “Nikon Z 9は想定を超える多くの予約” 1年待ちは現実になるか

Nikon Z 9が想定を超える予約

「Z 9」は想定を超える大変多くのご予約をいただいておりますので、お届けまでお時間をいただく場合がございます。

「Z 9」ご予約時カート内に他のご注文商品がありますと、すべて一括発送となります。他のご注文商品の在庫状況等により発送が遅れる場合がございますので、別々にご注文することをおすすめいたします。

NikonDirect

ニコンダイレクトでNikon Z 9の予約状況についてのお知らせが掲載されています。お知らせによれば、Nikon Z 9は想定を超える予約を受けていて、商品発送までに時間がかかる場合があるとしています。

通常、ニコンのホームページでは発売日が決定したあと、「その発売日当日に商品を届けることができない場合がある」という形で供給不足をお知らせしていることがほとんどです。それは発売日が決定してはじめて、その日に商品が届けることができるかできないのかを判断することができるからだと思います。

しかし、今回はまだ発売日が決定していないのにもかかわらず、「お届けまでお時間をいただく」場合があるという表記が記載されています。

Nikon Z 9の発売日は決定されず

現在のところ年内の発売予定ということになっていますが、具体的な発売日は不明です。すでに予約も始まっていますし、発売日がかなり後ろに延期されるということはないと思いますので、あと45日以内に発売されることはまちがいないと思います。

欧州や北米でも同様の状況のようで、欧州では発売日は以前に不明のまま、アメリカでは一部の通販ショップで12月15日の発売と記述しているショップがありますが、これも確かな日にちなのかどうかは不明です。

ただ、それを踏まえてもニコンダイレクトで発売日決定前にすでに商品を手にするまでに時間がかかるかもしれないという表記がされるのはちょっと意外に思いました。それだけ想定を超える予約があるということなのでしょうか?

そして気になるのは半導体不足です。もし半導体不足が影響した場合には、さらに生産台数が少なくなる可能性がでてきてしまいます。月産3500台ということですが、部品調達が厳しくなり予定台数を維持できない可能性がでてこなければいいなと思いますね。

一部ではすでに1年待ちなどと言われているNikon Z 9ですが、実際はどのような状況になるのでしょうか。ちなみにNikon Z fcに関しては7月23日に発売された標準ズームキットは、ショップを選ばなければすぐに購入できるという状況にはなっているようですが、まだまだ在庫は潤沢とは言えない状況で、ほとんどのショップでは入荷待ち状態になっています。発売から4ヶ月が経過しようとしているのにこのような状況ですから、Z 9の1年待ちというのもあながち間違いではないのかもしれません。

[template id=”4241″]