マップカメラ8月販売ランキング Z fcが1位 ニコン製品4機種ランクイン

Nikon Z fcが1位を獲得

1位:ニコン Z fc
2位:キヤノン EOS R6
3位:ニコン Z 6II
4位:キヤノン EOS R5
4位:富士フイルム X-T4
6位:ソニー α7C
7位:ニコン Z 5
8位:キヤノン EOS RP
9位:リコー RICOH GR III
10位:ニコン Z 7II

ImpressWatch

カメラ専門店として有名なマップカメラが8月期のカメラ売上げランキングを公開しています。ランキングの解説などもありますので、全文は記事元リンクからご覧ください。

記事によれば、1位はNikon Z fcだったようです。このランキングではキットやカラバリによる区別はされていないようですので、Nikon Z fcに関してはNikon Z fc単体と標準ズームキットの両方を合わせたランキングで1位になったと考えることができそうです。

また、ニコン製品は、3位にNikon Z 6II、7位にNikon Z 5、10位にNikon Z 7IIがランクインしていて、ニコン製品が久しぶりに好調という印象です。その理由はよくわかりません。キヤノン製品は相変わらず好調で上位にランクインしています。ただソニー製品が、α7Cを除いて、その他の製品がすべてランク外になっているというのは珍しいのかな?という印象です。ソニー製品のランキングが下がったぶん、相対的にニコン製品のランキングが上昇したということなのでしょうか?

ちょっと調べてみないとわからないのですが、ひょっとしたら半導体不足などの影響で製品供給が足りずに、そのぶんソニーのランキングが下位になってしまっている可能性もありそうです。

ランキング1位も喜べないかもしれない理由

今回、マップカメラの売れ筋ランキングで1位になったNikon Z fcですが、発売日は7月23日でした。今回のランキングの集計期間は8月1日~31日ですので、1ヶ月間まるまるNikon Z fcの販売期間と重なっていることになります。なので発売直後の初期需要がかなり高かったこともあり、ランキング上位に入っている可能性もありますので、Nikon Z fcは9月のランキングでどのぐらいの順位にあるのか?といったことが重要になるのだと思いますね。

ただし、Nikon Z fcは相変わらず製品供給に問題を抱えていますので、実際の販売台数が多いのか少ないのかなかなか見えづらい状況になっていることも確かです。なので、もしかなり供給が不足しているとなると、9月のランキングではNikon Z fcは大幅にランキングが下落していたとしてもおかしくありません。

半導体不足や新型コロナウィルスの影響で海外の工場の稼働率が低下していたりして、サプライチェーンに問題を抱えている可能性もあるため、ランキングが正確に製品の人気度を表しているとはいえない状況が続いていると思いますので、なかなかランキングからのカメラの人気度の判断は難しいのかな?という印象です。

また、マップカメラはカメラ専門店で、どちらかというとハイアマチュアやプロフェッショナルな人の割合が顧客として多いショップです。なのでマップカメラのランキングは一般的なユーザを対象にしたランキングとは乖離している可能性が高く、このランキングに入っているからといって素直に喜べるものではないというのも事実だと思います。

ニコンはNikon Z fcを若い人向けに開発したとしていますので、マップカメラのランキングで上位になるよりも、より一般的なランキングであるBCNランキングで上位に入ったほうがZ fcの売れ行き的にはいいのかな?と思いますね。

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!