ソニー 7日のZV-E10の発表を突如延期 中国への配慮か半導体不足か??

ソニーカメラチャンネル

ソニーが7月7日の新カメラ発表を延期

ソニーが7月7日のカメラの新製品の発表を延期しました。ソニーは7日にビデオグラファー向けのAPS-Cミラーレスカメラの発表を予定していましたが、突然、それが延期されることになりました。それが下記の動画になります。

https://www.youtube.com/watch?v=llQg01v5h2s

海外では、「たぶん半導体不足が影響したな」みたいな反応で、非常に残念がられています。実際はどうでしょうか?

中国の影響か、半導体の影響か

そもそもZV-E10の発表が予定されていましたが、今回の謎の延期です。そして、少しまえにこんな話題がありましたね。

ソニー中国 7月7日の新製品発表を謝罪 中国から不適切な日付と指摘

【ウルムチ共同】ソニーの中国法人は2日までに、盧溝橋事件から84年となる7日夜に新製品の発表を予定していたのは不適切だったとして謝罪した。事件は日中戦争の発端となっており、事前の告知に対して中国のインターネット上で批判の声が殺到していた。

カメラの発表は日本や欧米と同時に行われる見通しだったが、ソニーは「中国でのイベントは中止する」としている。

ひょっとしたら、このソニーの中国法人の配慮が、全世界的なソニーの配慮になり、結果的に7日の発表も延期されてしまったとも考えられます。

確かに、半導体不足も理由としては成立するのですが、実際にはどうなのでしょうか?

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!