キヤノン EOS R5の動画撮影版 EOS R5cを来年発表と噂

ビデオ撮影用のEOS R5が登場か

去年、EOS R5cと名付けられたビデオグラファー向けにフォーカスしたEOS R5の最初の報告を受け取った。そして今、そのようなカメラが準備中であるという複数の確証を得ている。

発表と発売日は、どうやら2022年第一四半期にずれ込むようだ。当初は、10月のNAB付近での発表の可能性があると聞いていた。しかし、それはどうやら延期されたようだ。キヤノンは発表の60日以内に製品発表と発売して欲しいと考えている。

EOS R5cについて何かわかることは?

EOS R5にはアクティブ冷却システムがあり、筐体がわずかに異なり、そしてビデオ撮影用のさらなるコーデックがある。カメラにはフルサイズのHDMIポートが搭載されるだろう。

ほとんどの仕様はEOS R5からEOS R5cに引き継がれている。

CanonRumors

キヤノンEOS R5の動画撮影向けのバージョンの新製品が発売される可能性があるようです。記事によれば、EOS Rcはもっと早い時期に発売される予定だったようですが、様々な事情から2022年の第一四半期に延期されたとしています。キヤノンはEOS R3の発表も控えていますし、レンズも品薄になっていることから、すぐに新製品を発売するというのは、少し難しい状態かもしれません。

EOS R5cに冷却システムを搭載?

噂によれば、仕様はまだあまりよくわかっていないようですが、基本的にはEOS R5と同じ仕様になるようです。でも、少し違うところがあって冷却性能が向上し、HDMIもミニサイズではなくフルサイズのものが採用される可能性があるようです。

EOS R5は発売された当初、動画撮影時の発熱の問題があり話題になりました。冷却システムがあれば、より長時間の撮影が可能になると思います。そのため恐らく内蔵マイクでは音を拾う可能性があるので、外部マイクが必須になりそうですね。とはいえ、いまから動画撮影をしようという人なら、マイクぐらいは皆さん購入されるのだろうと思います。

気になるのはセンサーの画素数ですね。8k解像度に対応したままにするのか、画素数を少なくして高感度に割り振ってくるのかというのは非常に気になるところです。

[template id=”4241″]
EOS_R5
twitterで最新情報をチェックしよう!