ソニー α6700の仕様の噂 ビデオ撮影特化型?? α7Cと同じ筐体か

ソニーα6700の噂

5月下旬に発表されるだろう次のハイエンドAPS-Cカメラに関する最初の少しのヒントを得たところだ。100%確かな噂はまだ得ていないが、とりあえず今、私が持っている情報を提供しよう。

■ ほぼ99%確実な噂

・発表は5月下旬
・α6600の後継機種
・筐体は一般的に同じだが、ZV-1やα7cから取り入れた多くの小さな改良があり、Vloggerカメラとしてブランディングされるだろう

■65%で正しい可能性のある噂

・名前はα6700
・3200万画素
・4k 60p 10bit動画
・バリアングル液晶
・12ビットでの読み出しは17ms
・筐体はα7cと同じ
・よりよい背面液晶とEVF、少し改善されたカメラボディ

SonyAlphaRumors

ソニーのAPS-Cミラーレスの新製品の噂が報告されています。画像はα6600です。

記事によれば、ソニーがAPS-Cミラーレスのハイエンド製品となるα6700が5月下旬に発表されるだろうとしています。そして、確証は高くないけれども、上記のような仕様になるかもしれないとしています。

α6700は3200万画素、バリアングル液晶採用で、筐体はα7Cと同じになる可能性があるようです。同じ筐体にすることで量産効果により部品の値下げ交渉がしやすくなりますので、製造原価が下がる可能性がでてきます。このあたりはソニーはうまいやり方をしますね。

さらに、本体の改善点としてはZV-1やα7Cと同じような何かしらのボタン類やコントロール類が設定されているようで、このカメラはビデオブロガー向けのカメラとして発売されるとしています。

完全に動画撮影機にシフトしたミラーレス

当初はおまけ的な動画撮影機能でしたが、最近は動画撮影目的にミラーレスを購入する人も増えています。そのため、以前はバリアングル液晶、像面位相差、ノンクロップ4k対応のカメラを探してわざわざ購入しているぐらいでしたが、最近では、これらの機能は当然のように採用されています。むしろないと売れないということが言えるかも知れません。

バリアングル液晶は、自撮りの際にカメラの横側に折りかえすことができるので便利に撮影することができます。チルト式の上側に向けるタイプですと角度によっては液晶が見えづらいですし、下側に向けるタイプだと三脚が邪魔で見えづらくなってしまいます。4k動画もクロップされると画角が変わってしまうので、動画と静止画では、同じレンズでも見かけ上の焦点距離が変わってしまうので不便になります。

最近のYoutubeをみると、ミラーレスカメラをスティックに取り付けてビデオカメラのように撮影している動画を多く見るようになりました。動画撮影用の機材をミラーレスカメラにして、システム全体として運用の効率が上がったりコストも安く済むという声もありますし、今後も動画撮影の多くがミラーレスに移行していく可能性もありますね。

そんな中でフルサイズは高くて手が出せないけど、1インチよりいい動画が撮りたいという人にとってはAPS-Cミラーレスは魅力的ではないのかな?と思います。すでにフルサイズを持っている人も、APS-Cミラーレスをサブ機として設置して、別角度からの動画撮影に利用したいという人にも向いていると思います。

これまでは静止画の撮影という目的が大きかったと思いますが、最近では普通に動画を撮影するようになってきているので、今後のミラーレスカメラの動画性能はより求められてくるのかもしれませんね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「ソニー α6700の仕様の噂 ビデオ撮影特化型?? α7Cと同じ筐体か」への1件のフィードバック

  1. 4K60pの動画特化機ならα7S系のように画素数は逆に減らして1600万画素くらいでもいいように思いますが。
    しかしようやくAPS-C Eマウント機でバリアングルの機種が出てくるのは朗報ですね。
    動画の場合あまりボケすぎても見辛いのでAPS-Cなら画質と使い勝手がよく、手を出しやすいカメラに仕上がってたらZV-1やα6400からのステップアップによさそう。

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top