キヤノン EOS R5/R6の画像が傾く問題にファーム修正で対応か??

キヤノン ボディ内手振れ補正の不具合について対応か

EOS R5とEOS R6のボディ内手振れ補正が動く/傾くという複数のレポートが報告されていて、それは”現象”以上の状態になっていると言ってもいいと考えている。

キヤノンはこの問題に気づき、正しく動作するようファームウェアをアップデートするようだと言われている。情報筋はファームウェアアップデートの時期については知らなかったが、私が想像するに、それは終了したら直ちに公開されるだろう。

CanonRumors

以前に報告しましたが、EOS R5とEOS R6について、一定の条件でボディ内手振れ補正を利用しているとき、最初に撮影した1コマが斜めに傾いたり、画像の一部がピンボケになったりするという問題が発生しているようです。

連写している場合には、最初の1コマだけにそのような状況になり、その後に連写された画像については問題ないようです。具体的な問題の発生する条件などは、先日、報告した以下のページからご覧ください。

EOS R5/R6のボディ内手振れ補正に問題?? 画像が傾きボケる問題

 

修正対応に安心感

恐らくですが、何かしらの不具合があって、最初の1コマの撮影時に、ボディ内手振れ補正を行うために動くセンサーの動作が終了しないうちに撮影が始まってしまったり、所定の位置で停止する前に撮影されてしまったり、または本来の動作以外の動きをしてしまったりして、画像が正常に撮影されない状況になってしまったのではないのかな?と思いますね。

ファームウェアの更新によって、ボディ内手振れ補正の動作を正常に修正すれば直ると思いますので、かなり短い時間で解決するのではないのかな?と思います。

ただ、修正するのは簡単でも、その修正によって、それまで問題が発生していなかった部分になぜか影響がでてしまうというような、デグレードが発生する可能性があります。リリースまでには、いちいちすべてのテスト項目を再確認する必要がありますので、修正そのものは早くてもテストにはかなりの時間がかかる可能性もあるので、少なくとも週単位での時間が必要にはなるのかな?と思います。

しかし、「仕様です」と片付けられることはなく、問題と認められて、修正がかけられているようですから、EOS R5/R6ユーザとしては一安心というところではないでしょうか?

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top