ソニー 5月末にハイエンドAPS-C機を発表か α6600後継??

ソニーが5月にハイエンドAPS-Cを発表か?

噂:ソニーがハイエンドAPS-Cモデルを5月に発表!!

3人の異なる情報筋が、5月末、ソニーが新しいハイエンドAPS-C Eマウントカメラを発表するだろうという、同じ噂を私に話した。それはα6600の後継機種になるだろう。まだ仕様の詳細は得ていないが、すぐに手に入れることができるだろうと約束している。

私が言えることは、新しいカメラは小さな修正と変更だけになるが、センサーは新しいものになるはずだ。情報筋の一人は、まだ不確かではあるがそれが約3000万画素になるだろうと考えている。

SonyAlphaRumors

SonyAlphaRumorsがソニーの新製品の噂について投稿しています。画像はα6400です。噂によれば、3人の情報筋から5月にハイエンドAPS-Cが発売されるという噂を聞いたということです。異なる情報筋から同じ噂が聞けたということは、かなり確証の高い情報らしいことが伝わりますね。

そして、肝心の内容ですが、スペックはまだ分かっていないものの、恐らくセンサーは新しくなるが少しの修正程度にとどまるだろうとしています。ですが、α6600でもけっこう完成されたカメラで、ボディ内手振れ補正もありますから、いまでも十分だと思います。もし何かしら変更されるとしたら、たぶん瞳AFの認識機能の向上や連写速度の向上などが行われそうだと想像しています。

価格はいくらになりそう?

α6600は最近発売されたばかりじゃなかったのかな?と思って確認すると、発売日は2019年の11月1日でした。ちょうど1年と半年ぐらい前に発売されたことになります。初値は高倍率ズームキットで19万5501円で、現在の最安値は17万7870円になっています。そう考えると、次のハイエンドAPS-Cも初値は20万円近い価格になりそうです(高倍率ズームキットで)。

ちなみにボディは初値が15万6381円で、現在の最安値が13万5000円ですので、ボディも最低でも15万円ぐらいの価格になりそうです。そう考えると、たぶん新機種の発売でα6600は値下がりしていくでしょうから、いまのα6600の仕様で十分という場合には、後継機種の発売からしばらくまって、キャッシュバックキャンペーンが開始された頃に購入するのがいいのかな?と想像しています。

ちなみに、先日、認証機関に登録されたソニーのカメラのどちらに該当することになるのでしょうか?

ソニー 新製品を認証機関に登録 α7Rかα9の後継か??

現在認証機関に登録されているカメラは以下の2機種になるそうです。

WW356015 2.4Ghz
WW734234 5Ghz/2.4Ghz

右側の周波数は搭載しているWiFiの対応周波数です。α6600はハイエンドAPS-Cですが、ソニーの場合、APS-Cミラーレスはほぼ2.4Ghzしか対応していないので、α6600も2.4Ghzのみの対応となっています。そう考えると、たぶん同じ部品を利用してWW356015のほうがα6600の後継機種の可能性になる可能性が高そうですね。それとも、ハイエンドということで5Ghzにも対応してくるのでしょうか?発表は5月ということで楽しみです。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「ソニー 5月末にハイエンドAPS-C機を発表か α6600後継??」への1件のフィードバック

  1.  6Kはやらないのでしょうか? 動画には詳しくないのですが、画素数的にはすでに6K可能で、しかし8Kは無理な状態のはずですが。6Kの立ち位置って微妙なんでしょうか??

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top