EOS R3開発発表のリリースからEOS R3の仕様を読み解く

EOS R3開発発表のリリースからEOS R3の仕様を読み解く

キヤノンがプロフェッショナルモデルとなるEOS R3の開発を正式発表しました。実際のプレスリリースの内容は以下のようになります。

キヤノン プロモデル用EOS R3の開発を正式発表

海外ではキヤノンの発表を受け、キヤノン以外の特定のメーカ向けサイト以外はEOS R3の話題でお祭り騒ぎ状態になっています。キヤノンが発表した初のプロフェッショナル向けフルサイズミラーレスですので、そうなるのは当然です。

プレスリリースの中には、様々な情報があり、そこからいくつかの明らかになった仕様などがあります。そのあたりを今回は見ていきたいと思います。

まずは、プレスリリースの内容からわかる仕様について、箇条書きにしてみたいと思います。

・裏面照射積層型CMOSセンサーを搭載
・DIGIC Xを搭載
・高速、高感度、高信頼性がコンセプト
・動体撮影を含む静止画、動画撮影ともに本格的な作品を作るプロやハイアマ向け
・電子シャッター AF/AE追従約30コマ/秒
・デュアルピクセルCMOS AF
・人間の頭部、瞳、胴体を検出し、高い被写体追尾性能
・視線入力機能で瞳の動きに応じてAFフレームを動かすことが可能

EOS R3プレスリリース

様々な先進機能が搭載か

まず、気になるのは裏面照射積層型CMOSセンサーを搭載しているというところです。これまでは内製しているキヤノンのセンサーは裏面照射型という表記はなかったように思うのですが、ここにきて初めて裏面照射型センサーの開発に成功し、それを採用したということなのでしょうか?それとも、まさかソニーから供給を受けているのでしょうかね。センサーの説明としては新開発のセンサーと記述がありますが、キヤノン内製か、他社が新開発したセンサーなのかの記述はないので、そのあたりがよくわかりません。

また積層型センサーというのもキヤノン初ではないかと思います。一つ一つの画素に対応するメモリを実装することで一気に画素の情報をメモリに取り込むことができるので、これにより高速な読み出しが可能になります。積層型というのもソニーのセンサーで使われている技術で、これもソニーがよぎる技術ですね。

そして、瞳AFはさらに進化して、人の顔、人の胴体までをも検出して追従することができるようになっているようです。スポーツ撮影などで人を遠くから撮影する場合には、胴体を追従するAFというのは恐らくかなり便利に利用できるのかな?と思います。

さらにもう一つの驚きは視線入力によるAFフレームの選択というところでしょうか?どのレベルのAF測距点を選択/移動できるのかというところが気になりますが、仮にスポット1点AFで測距点を瞳で移動させることができると、ピンポイントでフォーカスを当て続けることができるので、非常に便利な機能になるかもしれません。

ま、スポット1点は無理でも、領域拡大AFの測距点が瞳で移動させることができるだけでも、かなり便利になると思いますね。例えばマラソンなどで多くの人が走っている様子を撮影していて、瞳の動きに応じて測距点を移動することができ、さらに人の胴体を認識するAFにより特定の選手を追従することができれば、撮影もかなり便利になることが予想されます。

というわけで、プレスリリースからわかる仕様だけでも、かなりわくわくする内容になっていることがわかります。実際にどのような製品として発売されるのか本当に楽しみですね。

[template id=”4241″]
EOS R3
twitterで最新情報をチェックしよう!