SIGMA fp Lの仕様が一部流出?? 6100万画素、像面位相差AF搭載か

SIGMA fp Lの仕様が一部流出?

軒下デジカメ情報局がSIGMA fp Lの仕様についてツイートしています。

軒下デジカメ情報局 @nokishita_c

シグマ「fp L」のfpからの変更点は「有効約6100万画素裏面照射型べイヤーセンサー搭載」「モアレの発生を極小まで抑えるローパスフィルターの搭載」「コントラストAF + 像面位相差AF」「USB給電対応」らしい。

軒下デジカメ情報局 @nokishita_c

新機能の「0.5型約368万ドットの外付けEVF」や「設定の保存/読込・QRコードシェア」「新しいカラーモード『パウダーブルー』/『デュオトーン』」「映像制作で使用される各種フレームレートに対応」「スクリーンショット機能」はfpもバージョンアップで対応予定。#噂

軒下デジカメ情報局

嬉しいEVF対応

ツイートによれば、SIGMA fp LとSIGMA fpとの仕様の違いが一部明らかになっているようですね。まとめると以下のようになっているようです。

■ 変更点

・6100万画素の裏面照射型ベイヤー配列のセンサーを搭載
・ローパスフィルター搭載
・コントラストAF+像面位相差AF
・USB給電が可能

■ ファームアップでSIGMA fpでも対応可能な変更点

・外付けEVF
・設定の保存/読み込み QRコードシェア
・新しい二つのカラーモード
・映像製作で仕様される各種フレームレート対応
・スクリーンショット機能

これをみると主な違いはセンサーの画素数、ローパスフィルターの有無、像面位相差AFの採用といったところが大きな違いのようです。外付けEVFはファームアップで対応可能ということのようですが、既存機種でもEVFが利用できるというのはユーザとしては嬉しいですよね。

そして、SIGMA fpはコントラストAFのみだったのですね。像面位相差センサーになることで、より高速で迷いがないAFが可能になると思いますので、このあたりは嬉しい機能追加だと思います。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top