ニコン APS-Cミラーレス Z 30仕様の噂 EVFなしのモデルになる??

Nikon Z 30の噂される仕様

■ 噂されるNikon Z 30の仕様

・2420万画素 DXフォーマットCMOSセンサー
・4k 24p、4k 30p
・Full HD 1080 60p
・3.2インチ 104万ドット背面液晶
・HC-E1 HDMIケーブル /USB Type-C/ステレオマイクME-1互換
・USH-I シングルSDメモリカードスロット

(記事を一部引用して意訳しています)

Nikon Z 30の噂が掲載されています。画像はNikon Z 50です。NewCameraによれば、ニコンがNikon Z 30を上記のような仕様で発売するという噂があるようですね。

ちなみに、別の噂では、ニコンは2021年に2台のミラーレスを発表するとしていて、そのうちの1台がNikon Z 30で今年の6月末までに発表される可能性があるとしています。そして残りの1台は、プロフェッショナルミラーレスモデルとなるNikon Z 9(仮称)で、そちらは今年の7月~12月に発表されると噂されています。

Nikon Z 30の噂ですが、この仕様に記述されていませんが、EVFがないモデルになるようです。このEVFがないモデルというのは、EVFが内蔵されていないだけということなのか、それとも外付けEVFすらも取り付けることができないのかは不明です。

その他の仕様は廉価なモデルとしては無難な性能という感じですね。動画は4kは30pまで、FullHDでは60pまで可能ですし、背面液晶は104万ドットとフルサイズの仕様からは解像度が少ないようですが廉価モデルなら、こんなものだと思います。

ですが画素数については若干の向上があるようで、Z 50の2088万画素から2420万画素と若干向上しているようです。このことからZ 50と異なる新センサーを採用している可能性が高いと思われますね。Z 50についてはソニー製の裏面照射型センサーではないと言われていて、噂によればタワージャズ製とも入れています。Z 30もタワージャズの新センサーを搭載しているということなのでしょうか?

廉価製品としてネックとなりそうなマウントサイズ

個人的に気になるのは、Zマウントのマウントサイズです。Zマウントはフルサイズセンサーを採用したミラーレスを念頭に開発されています。そのため、従来のマウントよりかなり大口径化しています。各社の有名マウントのマウント口径は以下のようになっています。

・キヤノンRF 54mm
・ニコンZ 55mm
・キヤノンEF-M 47mm
・ソニーE 46mm

ソニーはフルサイズもAPS-CもEマウントを採用しているので口径は同じです。そして同様にニコンはフルサイズもAPS-CもZマウントを採用しているので54mmという口径は同じです。サイズを単純に比較すると9mmの差しかないわけですが、これは内径のサイズ差なので、剛性を考えたりすると外径では、もう少しのサイズ差がてできそうです。

そしてカメラの小型化を実現するのに、この約1cmの差というのはデザイン上ではかなり大きな差になると思いますね。この直系1cmの中には何も入れられないので、ボディはかなり大きくなってしまう可能性があります。

そう考えると廉価で安く小型なカメラというのは大きなマウントでは難しいので、どうしてもサイズ的に大きくなってしまうと思います。そうなると、小型なカメラを作ることができるEF-Mマウントのキヤノンや、Eマウントのソニーに立ち向かうには、かなり別の差別化をしないと難しいのかな?と思いますね。

ですが、台数的な売れ筋は、まだAPS-Cセンサーを搭載した廉価なカメラなので、その利益は無視できないところだと思います。どのようなカメラが発売されるのか興味がありますね。

(記事元)http://thenewcamera.com/nikon-z30-coming-without-evf-more-confirmations/

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!