ソニー 8k撮影可能な4/3センサーを発売?? 3000万画素の可能性

11月の初め、ソニーが2021年に新しい4/3インチのセンサーを発売するという確かな情報を得た。私はいま、このセンサーには3000万画素以上の解像度があり、8k動画を録画できる能力があることを確認した。私は、パナソニックがGH6でこのセンサーを利用するのではないかと疑っている。

(記事を一部引用して意訳しています)

ソニーがマイクロフォーサーズ用の新センサーを開発中か

43Rumorsがマイクロフォーサーズ用の新センサーについて報告しています。

記事によれば、ソニーが2021年に4/3インチのセンサーを発売するという噂があるとしています。そして、そのセンサーでは8k動画の撮影が可能だとしています。画素数は3000万画素以上ということになる可能性があるようですね。そして、パナソニックがこのセンサーを採用したカメラを発表する可能性があるようです。

8kというと一般的には7680×4320ピクセルで、画素数にすると約3300万画素ということになります。なので、8k動画に対応していて、画素数が3000万画素以上になるというのは、矛盾せず理にかなっている両方ではあります。

ですが、そうなるとマイクロフォーサーズセンサーの画素数がかなり向上することが予想されます。これまでのパナソニックやオリンパス(現OMデジタルソリューションズ)のセンサーの画素数は約2030万画素か約1600万画素でした。なので、一気に1.5倍も画素数が増えることを意味しています。

回折現象は大丈夫?

記事では、パナソニックがこのセンサーを搭載する可能性があるとしています。たぶんですが、マイクロフォーサーズで8k動画が撮影できるということが、商業的にメリットになるだろうと考えているのだと思いますね。マイクロフォーサーズセンサー搭載の小型なカメラで8k動画を撮影することができたら、かなりの宣伝になると思います。価格も安くできると思いますので、ビデオブロガー向けや動画撮影用として売れる可能性はあると思います。

ですが、小さいセンサーで多くの画素数を実現すると、カメラの絞りを絞ると光の回折現象によりピントが合わないような状態、いわゆる小絞りボケが発生する可能性が高くなります。そうなると撮影する画質に問題があったり、撮影できても大きく絞ることができないという可能性がありますので、問題が発生してしまう可能性があります。ただ、最近は小絞りボケを補正処理で修正できたりもしますので、そのあたりの技術を採用していたりするのですかね?

センサーサイズの影響から、長くセンサーの画素数が増えていなかったマイクロフォーサーズのセンサーですが、ここにきて高解像度の新しいセンサーの投入となるのでしょうか?

(記事元)https://www.43rumors.com/ft5-confirmed-new-sony-mft-sensor-records-8k-video/

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「ソニー 8k撮影可能な4/3センサーを発売?? 3000万画素の可能性」への3件のフィードバック

  1. パナソニックの DMC-G1 からミラーレスを使い始め、今は G1、G2、G7 を
    所有していますがセンサに関し少し停滞気味のイメージがあったので朗報ですね。
    ちなみに HN の Nikon1 V2 と S1 も現役です。

  2.  マイクロフォーサーズにセンサー更新は必要だと思いますが、さすがに8Kとか、3000万画素や4000万画素は無理があるような気も。。。言われる通り、さすがに画素ピッチ的に苦しいと思います。12-45mmf4の海外レビューを見てみると、開放で解像力が最高とか出ていますし、すでに他でもf5.6辺りで最高などもあるような。。。
     個人的には、2500万画素辺り、ハイレゾで1億画素(OM)、6K動画ぐらいで、価格的にも優しいものをお願いしたいと思っていますが。。。。。

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top