ニコン 最新レンズロードマップを公開 多くがS-Lineで高価レンズ??

(記事を一部引用しています)

ニコンの最新レンズロードマップ

NikonRumorsがニコンの最新のレンズロードマップについて報告しています。画像クリックで拡大します。

ニコンから最新ロードマップが発表されているようです。最近、様々なレンズが発表/発売されていますのでそれが更新された内容になっているようですね。

それでは、今後に発売されるかもしれないレンズについて、以下に箇条書きにして抜き出してみようと思います。

・S-Line 85mm
・S-Line 400mm
・S-Line 600mm
・28mm
・40mm
・Micro 50mm
・S-Line Micro 105mm
・S-Line 24-105mm
・S-Line 100-400mm
・200-600mm
・DX 18-140mm

ニコンから発売される可能性のあるレンズは上記のようになっているようです。基本的にS-Lineが多いですよね。廉価製品より高付加価値で高性能なレンズの発売を優先しているということなのかもしれません。

フルサイズ用レンズの非S-Lineは28mm、40mm、Micro 50mm、200-600mmだけということになりますので、廉価なレンズを期待している人はもう少し待たなければならないかもしれません。あと、マクロレンズって意外と需要があるのだと思うのですが、なかなか発売されないのですね。ちょっと不思議です。まあ、Fマウント用のレンズがあればいいじゃないという分野なのかもしれません。

Nikon Z 50のユーザとしてはDXレンズが18-140mmという便利ズームしかないというのは不満に感じるかもしれませんね。換算35mm、換算50mm、ポートレート用のレンズ、マクロ、超広角ズーム、換算200mmまでの便利ズームあたりは揃えて欲しいと思うと思いますね。

皆さんはどのようなレンズが欲しいですか?

(記事元)https://nikonrumors.com/2021/01/17/updated-nikon-nikkor-z-mirrorless-lens-roadmap-2.aspx/

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!