2021年 キヤノンEOS R新製品の噂まとめ RP後継 APS-C機など

さらなるRFマウントカメラが登場するので、EOS Rのラインナップにどのようなカメラがもたらされるのかまとめてみよう。

・EOS RPの後継機種。他のエントリークラスのカメラが発表されるはずだが、EOS RPより安価になると言われている。少なくとも一人のキヤノン幹部はそれが可能だと考えている。
・EOS RPの後継機種とEOS R6の間に位置するカメラ。EOS R Mark IIにはなりそうにない。
・APS-Cセンサーを搭載したEOS R。この噂にはいまだ困惑しているが、いまは評価されているようだ。それでもEOS Mを考えると意味があるかどうかわからない。
・高解像度版EOS R、たぶんEOS R5の高解像度版になる。これは疑いようがない。これはすでに登場しており、フィールドテストを実施中のようだ。センサーの解像度は8000万画素あたりになるかもしれない。
・そして最後にEOS-1D X Mark IIIと同等のフラッグシップEOS Rが発売されると予想している。

(記事を一部引用して意訳しています)

2021年のEOS Rシリーズの噂

CanonWatchが2021年のEOS Rについての噂について報告しています。画像はEOS R5です。記事には新しい噂といったものはなく、既存の噂についてまとめたものとなっています。

まず最初はEOS RPの後継機種があるだろうという噂があるようですね。そして、EOS RPより安いエントリークラスの噂もあることから、エントリークラス以上、EOS R未満の廉価カメラがEOS RPとなる可能性があるようです。

さらにEOS RPとEOS R6の間に入る製品が発売される可能性があるともしています。本来ならばEOS Rがそこに入る立ち位置だと思うのですが、EOS Rの後継機種でEOS R Mark IIにすると、少し製品イメージ的に問題がある可能性もありそうなので、個人的には別シリーズにしたほうがいいのかな?と思いますね。

さらにEOS-1D X Mark IIIのミラーレス版についても期待されるようです。新型コロナウィルスの影響で東京オリンピックが1年延期されたことから、各社はひょっとしたらミラーレス版のEOS-1D X Mark  IIIやNikon D6のようなものを投入してくるか?と期待されていました。ですが、東京オリンピック前に投入というのは実際には難しいようで、これまでの噂では来年の秋から今頃といった観測が多いようです。

もちろん技術力や人的リソース、研究開発費が足りないといったものだけでなく、新型コロナウィルスの影響で様々なサプライチェーンに問題があったりしたこともあってのことだと思いますので、このあたりは間に合わなくても仕方ない側面もあるのかな?とも思います。

錯綜するRFマウントAPS-Cミラーレス

そして相変わらずRFマウントAPS-Cミラーレスの噂が散発的にでてくるわけですが、実際にはどうなっているのかは、正直誰もわからないといったところでしょうね(当たり前ですが)。海外のサイトでも、あるサイトの管理人なんかでは、なんでRFマウントのAPS-Cミラーレスがでるのに、いまさらEOS Mを購入するのか?と公言している人もいますし、EOS Kiss M Mark IIが発売されるぐらいだから、EF-Mマウントは継続するという人もいたりして結構、いろいろ意見がわかれているようです。

個人的にはですが、最初はEF-MとRFを両方とも存続させるより、RFマウントに集約させたほうがいいのにと思っていたのですが、小型なカメラを望む人がいることを考えると、両方存続させるのも悪くないのかな?という印象を持つようになりました。

そしてRFマウントはEF-Mマウントよりフランジバックが長いので、RFマウント用に開発されたレンズは、マウント口径による影響がなければRFマウント用に設計したAPS-C用のレンズを、そのままEF-Mマウントに移植できるので、EF-Mマウント用レンズのラインナップも増える事になるので、レンズラインナップや新設計のレンズへの置き換えもでき有利に働く可能性もありそうです。なんなら、ソニーがEマウントでフルサイズセンサーのミラーレスを発売しているので、EF-Mにフルサイズセンサーを入れてしまうことも可能なはず・・・という妄想が止まりません。

しばらくRFマウントのAPS-Cミラーレス問題は続きそうですので、続報を待ちたいところですね。

(記事元)https://www.canonwatch.com/a-sum-up-of-what-to-expect-from-canon-for-the-eos-r-line-up-in-2021/

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「2021年 キヤノンEOS R新製品の噂まとめ RP後継 APS-C機など」への3件のフィードバック

  1. もう既にRFマウントでAPS-Cのカメラって実質存在するんですよね。
    それはC70というシネマカメラで、RFマウントにSuper35mmセンサーなんですよね。
    なのでキヤノンとしてはRFマウントにスチルのAPS-Cを用意する意義はもうあるわけで、あとはいつ出すのかといったところなのでしょう。
    もしかしたらRPより安価なエントリー機はAPS-Cセンサーなのかも。

  2. RFマウントのレンズをMマウントで使う。
    できないことはないと思うけど、激薄のアダプターを開発するっていことか^^;
    実質、MマウントはKiss専用ってことになると、実際あんまり売れない気もするけど、まあないよりマシかなあ。

  3. あ、誤解していた。
    RF用のAPS-Cレンズをもとに、Mマウント用の新しいレンズを開発できるってことですね。
    読解力がなくてスミマセンm(__)m

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top