キヤノン 23年にRF-Sレンズ3本投入?? Kiss Mディスコン間近なのか??

キヤノン 2023年のレンズの噂

キヤノンが来年に少なくとも3本のRF-Sレンズを発表する可能性があるようです。どのようなレンズが発表される可能性があるのでしょうか?それでは噂をみてみましょう。なおアイキャッチ画像はキヤノンレンズのイメージ画像です。

キヤノンは2023年に少なくとも3本のRF-Sレンズを発表する可能性があり、それらのうち複数のレンズはEF-Mレンズを元にしている可能性が高い。

一つのレンズは、RF-S 11-22mm f/4.5-5.6 IS STMで、2023年の前期の発売されるだろうと聞いている。元となったEF-Mレンズは、発売された当初からEOS Mカメラの利用者に人気だった。これは値段の観点から本当に良いレンズだ。

2023年の完全なレンズ発売のロードマップはわかっていないが、2月のCP+が近づけばより多くの情報を知ることができるだろう。

噂によれば、来年にはRF-Sレンズ3本が発表され、そのうち1本はすでにEF-Mレンズとして発表されている11-22mm f/4.5-5.6がRF-Sマウントに流用される形で発表される可能性が高いようです。

ただ、以前の例ですと完全に同じものではなく、若干の修正を加えたものである可能性が高いのかなと思いますね。そしてEOS R10などには廉価でいいレンズになるだろうと思います。

EOS Kiss Mディスコンか

そして、EOS Kiss Mでも採用されているEF-Mマウントのレンズが、ほぼ同じ光学設計のままRFマウントにRF-Sフォーマットとして移植されるとすると、いよいよ、やっぱりEOS Kiss Mシリーズは終了なのかという可能性が現実味を帯びてくることになると思います。

やっぱり異なるマウント、レンズフォーマットを複数維持するのはコストが高いと思いますので、ニコンがZマウントをフルサイズとAPS-Cで共有しているのと同様に、キヤノンも同じような戦略を採用してもおかしくないと思いますね。

これによって、ソニーは(恐らく)APS-C用に開発されたマウントをフルサイズとAPS-Cで共用し、キヤノンとニコンはフルサイズ用に開発されたマウントをフルサイズとAPS-Cで共用するような形になり戦略が分かれました。どちらが成功するかは、時間が経過しないとわからないと思いますが、どのようになるのでしょうか?いまはマウント口径だけでなくカメラそのものの性能も大きく影響してくるので、マウント口径だけで優劣はでないと思います。

そしてもし、キヤノンがRFマウントにすべてのミラーレスを集約させるとしたら、みすみすKissブランドを捨てるはずはないので、廉価なミラーレスで必ずEOS Kiss Rを発売してくるだろうと思います。それらの製品もどのような製品になるのか、ソニーのα6xxxシリーズやニコンのZ x0シリーズとどのような差別化をしてくるのか楽しみでもありますね。

(記事元)https://www.canonrumors.com/canon-rf-s-11-22mm-f-4-5-5-6-is-stm-coming-in-the-first-half-of-2023/

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!