シグマ 2023年にニコンZマウント用レンズ数本を発売と噂

シグマ 2023年にZ用レンズを発売か

シグマが来年にもZマウント用レンズを発売する可能性があるという噂がでてきています。どのような噂なのでしょうか?それではみてみましょう。

シグマがNikon Zマウント用のレンズの製造を開始するかもしれないという噂がここのところ流れている。シグマのCEOさえ、去年のインタビューでそれを認めていた。

数日前、読者がオランダのシグマの会社の代表者が、Nikon Zマウントのレンズが恐らく来年(2023年)に発売されることを認めたという電子メールを私に送ってきた。

電子メールの内容を訳すとこのようになる。

こんばんは

シグマは何本かのZマウントレンズを来年に恐らく発売する。現在のところどのレンズかは明らかになっていない。

NikonRumors

記事は、シグマはニコンのZマウント用レンズを「何本か」2023年に発売するだろうと、オランダのシグマの代表者が述べたという記事になっています。ただ、その代表者も「恐らく」と述べていることから、不確かな部分があることも事実のようです。

もしこの話が本当であれば、シグマから何本かのレンズがZマウント用として発売されることになります。Zマウントは主なミラーレスカメラのマウントの中でも、最もフランジバックが短く(マウント面からセンサーまでの距離が短く)、マウント口径も十分に大きいため、既存のEマウント向けに設計したレンズをそのままZマウントでも流用することが可能です。

なので既存のシグマのフルサイズミラーレス用のレンズは、いずれもZマウントで発売される可能性があることを意味することになります。

とすれば、最初に発売される可能性があるレンズとしては、いわゆる大三元と呼ばれるf/2.8通しの広角ズーム、標準ズーム、望遠ズームが発売される可能性が高いと思いますね。その他にも広角単焦点、標準単焦点あたりも入ってくると思います。いずれも定番レンズなのでかなり人気になるだろうと思います。

気になるニコンのレンズ戦略

最近のレンズはカメラとの通信や、マウントの規格など様々な特許に守られている可能性が高く、キヤノンやニコンは互換レンズを販売したメーカに対して、特許侵害で発売の停止を求めるなど有利な立場にある可能性があります。

実際に、キヤノンは互換レンズを発売する特にオートフォーカス可能なレンズに対して、それを認めていない方針になっているようです(参考 キヤノン RFマウント互換AFレンズの販売停止要請を認めた??)。

互換レンズを認めるか認めないかはメーカにとっては非常に悩ましい問題だと思います。

もし無制限に認めると自社製のレンズの売上が低迷してしまう可能性があります。とかはえ、逆にまったく認めないとレンズラインナップが少なかったり、低価格のレンズがなく、そもそも他のカメラメーカのカメラを購入するユーザが増えてしまい、自社にとって不利益になる可能性もあります。

そのため、現在の自社のカメラのシェアや販売数、他のカメラメーカのシェアの動向や自社の将来のシェアの動向を予想するなどして、よく考えて互換レンズを認めるかどうかを判断する必要があると思います。

現在の所、ニコンは特定のメーカや特定のレンズだけに許可を出すようなことをしているようで、オートフォーカス可能なZマウント互換レンズを発売しているメーカは、その製品ページに「ニコンとのライセンス契約のもと発売している」旨の表記をしています(参考 タムロン Zマウント用70-300mmはニコンとライセンス契約で販売と判明)。

恐らくニコンとしては、ニコン製品の現在のシェアなどを考えて、互換レンズを販売してもらったら自社にとって有利になりそうなレンズにのみ許可を与えるような形で販売してもらっている可能性が高いのかなと思いますね。

一方、キヤノンはしばらくは互換レンズを認めない方針となっているようで、このあたりは最近、ミラーレスカメラが好調なキヤノンは強気になっているのかもしれません。

どちらの戦略が正しいのかは将来にならないとわかりませんね。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!