ニコン Z 8 来年春に発表か 設計完了済み Z 9と同センサーで”小さな”Z 9になる??

Nikon Z 8の噂

久々にNikon Z 8の噂がでてきています。どのような噂なのでしょうか?それでは記事をみてみましょう。なお、アイキャッチ画像はNikon Z 6IIです。

Nikon Z 8がここのところ噂されているが、未だ仕様に関するどのような(信頼性のある)情報も入手していない。私は、価格や仕様という点において、Nikon Z 8は最近発表されたα7R V(3900ドル)と直接的に競合する製品になるだろうと聞いた。

またNikon Z 8はカメラの設計が完了していて、生産の準備ができているが、問題は続く部品の供給不足により公式発表が遅れている問題だけを抱えていると聞いている。

Nikon Z 8の公式発表はいつになるのだろうか?

  • Nikon Z 8の開発発表は、2023年の早い時期にあるかもしれない(Nikon D4/D5のように)
  • 2023年2月末に日本で開催されるCP+で公式発表がある可能性は低い(しかしまだ可能性はある)
  • 最も可能性の高いシナリオは、Nikon Z 8は2023年春の終わり頃に発表され(3月/第二四半期の遅く?)、発売は2023年5月頃になる可能性があることだろう。

予想されるNikon Z 8の仕様

  • Nikon Z 6/Z 7と同じ筐体
  • 改良されたEVF
  • 改良されたオートフォーカス
  • Nikon Z 9と同じセンサー

現在、新しいNikon Z 6IIIやZ 7IIIに関する信頼性のある噂はない。

NikonRumors

錯綜するNikon Z 8の噂

これまでNikon Z 8の様々な噂がでてきていましたが、残念ながらほとんどの情報は不正確なものでした。その不正確というのは時期的なもので、これまでの噂では、9月や10月中にも発表というものがほとんどでした。しかし、いまは11月です。9月、10月に発表されるという噂はすべて間違いだったことになります。

しかし、その発表時期の間違いは実は、カメラを製造するのに必要な部品不足が影響していることが、この噂では示唆されています。もしNikon Z 8の設計がすでに終わっていて、生産を待つばかりであるとすれば、もし部品の供給が順調だった場合、9月/10月に開発発表があってもおかしくないため、間違いと考えられていた噂も、実は正しかったという可能性がでてくることになります。

最近はどのカメラやレンズでも発売直後に供給不足を告知するような状態が当たり前になっており、これの多くの原因は部品の供給不足にあると考えられるため、Nikon Z 8にも同様のことがあったとしてもおかしくはありません。

そして今回の噂では、Nikon Z 8に予想される仕様が記述されています。興味深いのは、Nikon Z 8はNikon Z 6やZ 7と同じ筐体になり、Z 9と同じセンサーが搭載されるかもしれないというところですね。Z 6と同じ筐体ということは、縦グリップが内蔵されていないセパレートタイプのボディとなることになります。そしてNikon Z 9と同じセンサーということは、噂されていたような超高画素タイプや、Nikon Z 7の後継機種になるようなことはなく、もしZ 9のイメージプロセッサと同じであればZ 9の縦グリップなしバージョン、いわゆる「スモールZ 9」になる可能性が高いことを意味していることになるのではないかと思います。

このように考えると、たぶんですが、今後のNikon Z 7IIが4000万画素を超える超高画素機になり、Nikon Z 8はZ 9の小型バージョンになる可能性が高いのではないかと思いますね。そしてZ 6は普及機、Z 5は廉価機というラインナップに収まる可能性が高そうです。

なお、Z 7IIの後継機種に関しては、いまニコンが来年の頭にかけてキャッシュバックキャンペーンを実施しているので、キャンペーン期間中にZ 7IIIを発表する可能性は限りなく低いと思います。逆にZ 6IIはキャンペーン非対象なので、こちらのほうが新製品発売の可能性が高いかもしれません。

この記事の関連投稿

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!