ニコン “Z 9の性能を他機種へ展開 若者向け製品を開発”

Z 9の性能を下位製品へも適用

先日紹介したニコン社長へのインタビュー記事のなかで、さらに興味深い内容がありましたので、改めて別記事として紹介したいと思います。

 ただ、21年末に発売したミラーレスの旗艦モデル「Z9」が好調でその革新的性能を他機種にも展開し、若年層向けの宣伝や製品開発も強化します。スマホでは撮影できない高レベルの動画機能を搭載したいです。例えば今夏発売の「Z30」はブイロガー(動画配信者)向けの機種ですが、レンズ交換式で画質は落とさずに動画配信に便利な機能を搭載しました。

サンデー毎日×エコノミスト

先日はキヤノンがより低価格なカメラの種類を増やしていきたいと考えているということを記事にしました。その内容については、具体的にこちらからご覧ください

さて、上記で引用したインタビュー記事によれば、以下のような製品が発売される可能性が示唆されています。

  • Nikon Z 9の性能を他機種にも展開する
  • 若い人向けへの宣伝を強化
  • 若い人向けの製品開発を強化
  • スマホでは撮影できない高レベルの動画機能を搭載

若い人向けの製品とは

このようにみるとニコンは低価格なカメラの販売についても検討しているばかりか(ニコン “低価格機種を増やしたい 一眼レフ撤退なし” 低価格製品に期待できる??)、若い人向けの宣伝をしたり、製品開発を進めることを考えているようです。

さらにNikon Z 9に搭載した革新的な機能を他機種にも搭載することを明言しています。このことから、将来的に発売されるであろうNikon Z 7IIIやNikon Z 6IIIには、Nikon Z 9と同じイメージプロセッサが搭載され、Z 9と同様の被写体追尾性能、被写体認識機能などが搭載されるらしいことがわかります。

しかし、このあたりはもう一般的なカメラを趣味とする人からすれば当たり前のことだと思われているのではないかと思いますね。むしろZ 9の機能が、Z 9より下に位置するカメラに降りてこなかったら、それこそブーイングの嵐になると思います。

Nikon Z 6IIの発売から約2年。Z 9の機能の一部を搭載したNikon Z 6IIIを発売して、α7 IVやEOS R6 Mark IIと渡り合える製品にして欲しいという人は多いと思います。

さて、今回さらに気になったのは若い人向けの製品というところです。これまでもニコンは若い人に訴求するとか、若い人向けへの宣伝などを強化していると言っていたと記憶していますが、実際にそれが効果を出しているのか個人的にはよくわからないと感じています。

いまカメラを購入する人は年齢が高い人の割合が多いため、若い人に製品を売りたいということなのだと思いますが、これはなかなか難しいのだろうと思います。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!