富士フイルムX-T5のセンサーの噂 積層型センサーではない可能性

X-T4

X-T5の噂

富士フイルムのX-T5に関する噂が入ってきているようです。内容はX-T5のセンサーに関するもののようですが、どのような内容なのでしょうか?

それでは、噂の中身をみてみます。

それは5月のXサミットから、最も多く寄せられた質問の一つだ。

そして本日、その答えを見つけるだろう。

情報筋からの返答は、しかしご存じの通り、もし私が情報をシェアする場合には、その情報を信じるできる理由があることを意味している。私の目には、それは信頼できる情報筋から言われたのと同じぐらい信頼できる。

その噂はこれだ。

富士フイルム X-T5は4000万画素で非積層型センサーになり、それはX-H2 HRで利用されているものと同じ物になる。富士フイルムは積層型センサーバージョンのX-T5を発売する計画はなく、従ってX-T5sもない。

FujiRumors

噂によれば、X-T5のセンサーは4000万画素の非積層型センサーが搭載され、積層型のセンサーを搭載されないとしています。そして、積層型搭載バージョンも後から発売されるということもないようで、なのでX-T5sという積層型センサー搭載バージョンの発売もないだろうとしていますね。

富士フイルムの新型センサー

富士フイルムは、今後のカメラに搭載するセンサーとして、以下のようなセンサーを搭載するとされています。

・2600万画素 X-Trans CMOS 5 HS 積層裏面照射型センサー
・4000万画素 X-Trans CMOS 5 HR 

2600万画素のほうは積層型センサーで高速連写が可能なタイプ、4000万画素は非積層型のイメージセンサーです。この2600万画素センサーはX-H2Sに搭載されており、次に発表されるX-H2には4000万画素の積層型センサーが搭載されると言われています。

そして、富士フイルムは次のX-T4には、どちらのセンサーが搭載されるのか?といったことが話題になっていたわけですが、今回の噂はその疑問を解決するものとなっているわけです。

動画に関しては8kが撮影できる4000万画素か、6k動画で構わないなら2600万画素か、静止画では野生動物の撮影など連写性能が欲しい場合には2600万画素か、一般利用なら4000万画素かという区別になるようです。そして、4000万画素機が欲しいか2600万画素機が欲しいかというのは、需要的には半々になっているようで、X-T5でも積層型センサーが欲しいという人は一定数いるのでしょうね。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog