ニコンの新APS-Cミラーレスの最新情報 今月末にも発表か

Nikon Z 50

ニコンのAPS-Cミラーレスの最新情報

ニコンが新しいAPS-Cミラーレスカメラを発表するのではないかという噂が、ここのところかなり出てきています。そして、そのカメラの最新情報についての報告がありました。

さっそく中身をみていきましょう。なおアイキャッチ画像はNikon Z 50です。

次に登場するAPS-Cミラーレスカメラのさらなる詳細

これらは、次に登場するニコンのAPS-Cミラーレスカメラ(Nikon Z 30?)の、いくつかの最新情報だ。

・公式発表は6月末、または7月のはじめに予想されている。
・新しいDXフォーマットのミラーレスカメラは、現在のNikon Z 50とNikon Z fcの多くの同じ部品を利用している。それには2090万画素のDXフォーマットCMOSセンサーと、EXPEED 6イメージプロセッサも含まれる(このモデル用の新しいセンサーではない)。
・価格は1000ユーロ/1000ドル以下になると予想されている。

Nikon Rumors

記事によれば、次に登場するカメラについて、名称はわかっていないようですが、Nikon Z 30ではないかと考えられているようですね。そして、公式発表は今月末か、来月の初め頃になるだろうとしています。あと2週間ほどで発表されると思うと非常に楽しみですね。ニコンはこれまで、経験的に木曜日に発表をすることが多いので、6月30日か、7月7日あたりになるのでしょうか?

気になる仕様と価格

そして、カメラの仕様についてはよくわかっていないようですが、Nikon Z 50やZ fcと多くの部品を共用しているのだそうです。そのため、イメージセンサーやイメージプロセッサに変更はなく、そのまま同じものが利用されるとしています。

このことから、Nikon Z 50やZ fcと、ほぼ同じ画質や性能になることが予想されますね。ニコンは利益重視に方向転換していますので、できるだけ同じセンサーやプロセッサを使い続けることで大量仕入れをすることができ、これによって価格の値下げ交渉がしやすくなり、さらに高い利益を得られる可能性があると思います。

価格については1000ドル以下になるとしています。いまはもの凄い急激に円安なので今のレートで換算しても意味ないかもしれませんが、記事執筆時点のレートで換算すると約13万5000円という価格になります。なお、Nikon Z 50ボディの初値は10万7836円でしたので、かなり価格的には高くなっていますね。

もし新しいカメラがZ 30だとしたら、値上がりしているとはいえ少なくともZ 50の初値と同じ10万円ぐらいで販売して欲しいと思います。

問題はどのようなカメラになるのか?ですが、EVFのないタイプという噂や、Z 50の廉価機になるという噂もあったりしてよくわかっていません。ニコンはエントリークラスの投入を取りやめるようですので、EVFのないタイプは考えにくいのではないかと思うのですが、もしEVFがないとすると動画撮影向けのカメラということになるのかもしれません。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

Nikon Z 50
twitterで最新情報をチェックしよう!