キヤノン RF-S 33mm f/1の噂 本当かフェイクか??

EOS_R5

キヤノンの新レンズの噂

キヤノンの新レンズの噂が入ってきています。かなり信じられない内容なのですが、どのようなレンズが発売されるという噂がでているのでしょうか?それでは中身をみてみましょう。

新しい噂が表面化し、それはキヤノンが2本のレンズ、RF 70-300mm f/2-4L ISとRF-S 33mm f/1Lが発表するかもしれないことを示唆している。

私はこの噂が信頼できるとは思えない。f/2-4とf/1(APS-Cセンサー用レンズ)は、我々にはとても起こりえないように思える。情報筋はこのように主張している

・Canon RF-S 33mm f/1L USMレンズ
・Canon RF 70-300mm f/2-4L IS USM:1.6kgのズームレンズは150mmでもf/2.4の大口径になる。300mmでの画質はすでにディスコンになっているEF 300mm f/4L IS USMよりも同等かそれ以上になるはずだ。

情報筋によれば、RF-S 33mmレンズはすでに見つけられているキヤノンのレンズの特許が後押ししている。私はこれには何の意味もないと考えている。

CanonWatch

というわけで噂によれば2本のレンズが発表される可能性があるとしています。1本はフルサイズミラーレス用の望遠ズームで、もう1本はAPS-Cミラーレス用の33mmレンズだとしています。具体的には以下の仕様のようなレンズになる可能性があるようです。

・RF-S 33mm f/1L USMレンズ
・RF 70-300mm f/2-4L IS USM

なお、RF-S 33mmは換算でおよそ53mmのレンズということで、いわゆる標準単焦点になります。

大口径レンズの発売はあるのか

まずズームレンズについてです。いまキヤノンは大口径望遠ズームとして、RF70-200mm F2.8というレンズを発売しています。これでもf/2.8通しというレンズなのに、70-300mm f/2-4などというレンズちょっと化け物的なレンズが発売されるという噂なので、ちょっと信じられそうもない仕様のレンズです。

また、APS-C用の単焦点で、換算約50mm f/1というレンズが発売されるという噂になっているわけですが、APS-C用のレンズでf/1というレンズなんて発売される可能性があるのでしょうか?

もし本当に発売されたら、もうたぶん大騒動になるわけですが、個人的にはもし33mm f/1というレンズを発売するなら、フルサイズ用として35mm f/1を発売しAPS-Cでも標準レンズとして利用できるようにすると思いますね。わざわざAPS-Cしか使えないものを発売するとは思えません(クロップモードで使えますが)。

もし発売するとしたら、キヤノンはAPS-CのEOS R7よりもさらに上位となるAPS-Cフラッグシップモデルの発売についても視野に入れている可能性があるということなのでしょうか?

ところで、最近、やたらとフェイクと思われるような情報がでてきています。ソニー、オリンパス、富士フイルムにもフェイクと思われる情報が拡散していて、恐らくこの噂についてもフェイクの可能性が高いと思われます。やたらとフェイクと思われる情報がでてくることに、どのような意味があるのでしょうか?まさか同一人物ではないと思いますが、何があるのかちょっと怖い感じもしています。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

EOS_R5
twitterで最新情報をチェックしよう!