ソニー APS-C動画向け新カメラの矛盾する二つの噂 どちらが本当なのか

sony zv-1

ソニーのAPS-Cセンサーのカメラの噂

ソニーの新しいAPS-Cセンサーのカメラの噂が投稿されています。これまで、ソニーはZVシリーズとしてAPS-Cのフラッグシップモデルを発売するだろうという噂がありましたが、新しい噂ではその噂を明確に否定しています。

それでは、その新しい噂を見てみます。

私は他のサイトが、新しいZVカメラが信じられない性能のハイエンドカメラになるというフェイクを拡散していることを知っている。みんなをがっかりさせてすまない。私の仕事はクリック集めの噂を拡散することではない、噂は信頼できる情報筋からのものだ。そして、情報筋は、新しいカメラはハイエンドモデルになることはないようにみえると述べた。誤解して欲しくないが、このカメラはとても有能なカメラだが、今まで通りブロガー向けのエントリークラスAPS-Cモデルになる。もし、小さなα1のようなものを夢見ているのであれば、他のサイトが拡散されているフェイクニュースを読んで欲しい。

SonyAlphaRumors

このように、以前の噂は全否定という感じになっていますね。ちなみに、以前はこのような噂でした。

ソニーがα9/α1のような積層型裏面照射センサーの新しいAPS-Cカメラを発表すると噂されている

私は、ソニーがちょうどα9/α1のような積層型の裏面照射センサーの新しいAPS-Cカメラを発表すると噂されているといういくつかの情報を得た。そのカメラはまた、ZVシリーズ(ZV-1、ZV-10)の製品の一部となり、クロップなしの4k 60p動画の機能と、5軸ボディ内手ぶれ補正の機能が組み合わされたカメラになると噂されている。それは、新しいカメラは現在の市場に存在する動画向けのAPS-Cのミラーレスカメラのなかで最も優れた製品の一つになるということを示唆している(少なくとも仕様上は)。

PhotoRumors

このように中身的には完全に真逆というような内容になっています。どちらの情報が正しいのでしょうか?

それぞれの噂の可能性

前者は廉価な動画撮影モデルになるとしていて、後者はハイエンドカメラになるとしています。まったく違う噂なわけですが、どちらの噂についても好意的に解釈すれば、両方とも正しいという可能性もあるのではないかと思いますね。

つまり、ZVシリーズには新しい製品が投入され、さらにαシリーズの新製品としてAPS-Cフラッグシップモデルが発売される可能性です。もし両方の噂が混在して伝わってしまったとしたら、このような表現になってしまうことも考えられるのではないかと思います。

ただ、ZV-E10は発売されたばかりでソニーの製品ページでも新製品扱いになっています。さらに、ZV-E10でも本体価格が記事執筆時点の最安値で8万6900円となっていて、比較的廉価なカメラです。ZV-E10の後継機種が発売されるとは考えにくいので、ZV-E10よりも廉価な機種として発売されるということになると思うのですが、そうするとα6100やα6000クラスの動画撮影モデルということになるのでしょうか?それとも、レンズ交換式などとは記述されていないので、APS-Cセンサー搭載のコンデジスタイルの動画撮影向けのモデルという可能性もあるのでしょうか。

そしてハイエンドカメラの噂に関しては、もしZVシリーズになるとするとEVFがないモデルに可能性が高いと思うのですが、ボディ内手ぶれ補正や裏面照射積層型センサーまで採用して、静止画に対応しないモデルというのもちょっと考えられないのかなとも思います。

そう考えると、どちらもこれらの噂だけでは決定打に欠ける印象ですが、恐らくこれまで数多くの新製品の正しい噂を提示してきたSonyAlphaRumorsの情報のほうが、ソニー製品に関しては確度が高いのかなと思います。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

sony zv-1
twitterで最新情報をチェックしよう!