レンズ交換式EOS Mはコンデジ開発チームによって設計されていた??

EOS R7

EOS R100の可能性はあるのか?

期待されていたEOS R7、EOS R10と、それにともなって発表されたRF-Sレンズの最近の発表で、キヤノンはRFマウントのAPS-Cカメラに全面的に取り組んでいることを示した。

それで済んだのだろうか?

EOS R100に関する最初の噂がネットで検索できるが、それはありそうにない。我々は、EOS R10よりも下に位置するカメラの可能性はかなり高いと思っている。また、我々は、そのカメラは、EOS M50 Mark II、またはEOS M6 Mark IIの仕様にかなり似ていることを知ることになるかもしれない。

EOS Mシリーズのカメラは、キヤノン内部のPowerShotグループによって開発されたが、PowerShotシリーズには必要十分なので、私が想像するに、それらの人々は新しい開発チームに移動されたはずだ。そして、私たちは、キヤノンから発売される超小型レンズ交換式カメラがどのようなものになるのか、そこから想像することができるかもしれない。

CanonRumors

キヤノンがEOS Kiss Mの後継機種となるようなカメラを発売するのかどうか?という記事が掲載されています。アイキャッチ画像はEOS R7です。

この記事は、最近、様々なところで噂されているEOS Kiss MのRFマウントバージョンが、本当に発売されるのかどうか?という見解を示した記事になると思います。

記事によれば、いま現在、ネットで出回っているEOS R100というカメラの可能性は低いが、EOS R10よりも下に位置するカメラは発売される可能性があるとしています。

そして、少し驚く情報が。自分が知らなかっただけか、または自分の翻訳や解釈が間違っているだけかもしれませんが、記事を読むとEOS MシリーズはコンデジのPowerShotを開発/設計しているチームが設計したものだと記述されています。

これを読んで、ああキヤノンは同じ一眼レフやミラーレスでも、高級機種は別のチームが仕様を策定して、廉価なカメラはコンデジを含めて廉価なカメラを担当するチームが仕様を策定しているのかもしれないなとちょっと驚きました(筆者の翻訳と解釈が間違っていたらごめんなさい)。

同じカメラでもエントリークラスとハイエンドを開発するチームを別々にして、エントリークラスの開発はコンデジ開発チームと同一にすることで、より顧客のニーズに即した開発ができるのかなとも思います。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

EOS R7
twitterで最新情報をチェックしよう!