ニコン Nikon Z 30を今月発表と噂 APS-C用S-Lineレンズが計画中??

ニコンがNikon Z 30を今月にも発表と噂

ニコンがZ 30 APS-Cカメラをまもなく発表すると噂されている。

・Nikon Z 50の寿命が近づいている。カメラは2019年9月に発表され、現在は200ドル割引されている
・新しいNikon Z 30 APS-Cミラーレスカメラがまもなく、恐らく6月に発表されると噂されている。(Z 400mm f/4.5レンズと一緒に発表されるかもしれないが、今のところ正確な日付には確信がない)
・新しいカメラはNikon Z 30と呼ばれるはずだ(Z 70と呼ばれる可能性はかなり低い)
・ニコンはAPS-Cセンサーはフルサイズセンサーの両方で2400万画素センサーを終了させ、将来のカメラはより多い画素数のセンサーになるだろう
・新しいハイエンドAPS-Cミラーレスカメラ用のレンズも、ある時点で発表されるはずだ。それらのレンズは現在のロードマップにはない。恐らく、我々は高性能なS-Line DXベースのNIKKOR Zレンズになるかもしれない
・これらのクレイジーな仕様は恐らくありえない(新たらしい匿名の情報筋から得られた)。8kビデオ、3600-4600万画素、メカシャッター、ボディ内手ぶれ補正・・・あり得ない

NikonRumors

ニコンがNikon Z 30を今月にも発表するかもしれないという噂があるようです。アイキャッチ画像はNikon Z 50です。

記事によれば、Z 30が6月に発表されると噂されているようです。別の噂になりますが、Z 400mm f/4.5の噂もでていて、そのレンズとともに発表される可能性も考えられるようです。

カメラの名前についてはNikon Z 30という名称になるだろうとしています。ニコンのカメラのヒエラルキーとしては数字が大きくなると、より高スペックのカメラになりますので、たぶんZ 30という名称が正しく、そしてZ 50よりは低価格のカメラになるだろうことが予想されますね。

肝心な仕様については、よくわかっていないようですが、まず2400万画素以上のセンサーが採用されるようになるようです。さらに、「あり得ない」と言われている情報から逆算すると、3600万画素未満になり、8kは対応せず恐らく4kどまりで、そしてメカシャッターレス、ボディ内手ぶれ補正は搭載されていないだろうことがわかります。

このカメラがどのようなカメラか不明ですが、問題はEVFの有無ですね。これまではEVFのないタイプになるだろうという噂がありましたが、実際にはどのようになるのでしょうか。これはあくまで個人的な考えですが、カメラはファインダをのぞいて撮影してナンボと思っていますので、もし静止画向けだったら光軸上でなくてもいいのでファインダーを付けて欲しいですね。

もし動画向けということであれば、ファインダのないタイプとして発売される可能性は高くなりそうです。

APS-Cのプライムレンズも発売する?

記事には、APS-C用のZマウントレンズで、ハイエンドレンズも発表されるかもしれないという噂があるようです。キヤノンもEOS R7を発表していますし、もしかしたらNikon Z 70とかのAPS-Cハイエンド機を発表する計画もニコンにはあるのかもしれません。

そうするとAPS-CレンズにもS-Lineのレンズが投入される可能性もあるのかなと思います。もし発売されるとしたら150mmぐらいまでの高倍率ズーム、f/2.8通しの標準ズームと広角ズーム、超広角ズームあたりなんかが有力になるのではないでしょうか。

さてAPS-Cミラーレスも各社から発売/発表され、かなり賑やかになってきましたね。ニコンがどのような製品を検討しているのかきになります。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

Z 50
twitterで最新情報をチェックしよう!