流出したソニーα7R Vの仕様が正確である可能性が低い3つの理由

α7R

ソニーのα7R Vの流出した仕様は正確性が低い?

2週間前、私はソニーのα7R Vのスペックシートを未知の情報筋から入手した。私は、このことを投稿しないことにした。なぜなら、私は信頼できる情報筋から何かしらの情報を収集したかったからだ。しかし、いままさしく同じ未知の情報筋が、スペックシートを他のWebサイトや掲示板とシェアしており、このことについて私はあなたのために見解を述べる必要があった。

これらが正確なスペックシートである可能性が低い理由は3つある。

1 α7R Vに関するとても長いスペックを知ってると突然主張する未知の情報筋
2 スペックシートはとても詳細で、以前にこのような類いの情報の流出を得たことがない
3 カメラは秋に発表される予定なので、誰かがこのようなスペックシートを手に入れている可能性は低い

スペックシートは本物に近い可能性がある。それは多くのアップデートは理にかなっていて、ソニーは段階的に機能を向上させていることが知られているからだ。例えば、8k30pの噂は絶対に正しい。そして、α1、α7S III、α7 IVと同じアップデートを取り入れる可能性が高いので、EVFの解像度、背面液晶などもそのようになるかもしれない。

SonyAlphaRumors

α7R Vの噂は正しくないのでしょうか、正しいのでしょうか。先日投稿されたα7R Vの仕様の噂について、様々なところで論議となっているようです。具体的に流出した噂というのは以下のものになります。当サイトでも取り上げました。(アイキャッチ画像はα7R IVです)

しかし、この情報は間違いなのではないか?正しくない可能性があるのではないか?という主張が出始めます。それが、これまでソニー製品に関して様々な噂を提供してくれていたSonyAlphaRumorsでした。こちらのサイトでは、かなり確度の高い情報を提供してくれていることで有名で、実際に流出した噂が正しかったことが何度かあります。なので、そのようなある程度の信頼性のあるサイトのコメントだけに注目が集まっているという状況になっています。

記事にもありますが、流出したと言われているスペックシートはかなり情報量が多く、それだけ読むとかなり信頼性が高そうな情報にみえます。しかし一般的には、このような完全にスペックシートが流出するのは、主にキヤノン製品のほうが多く、しかも発表の数週間以内にならないと、このような情報はでてきません。

これまで当サイトても様々な噂を取り扱っていますが、このような詳細なスペックシートが流出したのはキヤノン以外(OMデジタルか富士フイルムに過去にあったような・・)には記憶がなく、少なくともソニーからこのような情報が流出するのは珍しいです。

なので、この噂を紹介したときに、もしこれが本物だとしたらたぶん情報管理が緩いと思われる中国からなら可能性が高いと思い(実際に中国経由の流出が最近多い)、そのように記述しました。

正しくない可能性

記事では、この情報が正しくない可能性がある理由として3つの理由を提示しています。簡単にまとめると以下のような趣旨になります。

1 未知の情報筋であること
2 仕様が詳細で、このようなことは以前にはなかったこと
3 秋に発売される製品の詳細仕様がいまあるはずがないこと

ということになりますね。ただ、記事でも決して仕様が本物ではないと断定しているわけではなく、これまでの経験則から考えると情報は疑わしいと言っているに過ぎません。間違っているという情報があるわけではなく、ひょっとしたら本当に正しい情報をもっていた情報筋である可能性がありますので、そこは注意しておく必要があるのかなと思います。

そして肝心な仕様の中身ですが、すでに発売されているソニーの新製品から、α7R IVよりも機能向上している仕様を持ち寄って合わせたり、少しずつブラッシュアップさせていけばそれらしい仕様になるとしていて、このようなことは想像することも可能ということも示唆されています。

さて、それはそうと、もし正しいとしたら、これだけすごい情報が事前に流出したことになるので大変ですし、もしフェイクだとしたら、これを作ったり考えて拡散した人はすごいということになりますし、いずれにせよ興味深い状況です。

フェイクだとしたら愉快犯ということになるので、情報を拡散した人はいま面白がって各サイトをみているのでしょうね。そして、もし本当の情報だとしたら逆にすごくて、ソニーがわざと情報を流出してニコンやキヤノンの製品を買わせないようにさせているのではなどと考える人もでてきていますし、なかなか混沌とした状況になっているのだけは確かです。

実際にこの仕様で製品が発売されるかどうかが見物なわけですが、それは秋まで待たなければならないようですね。どうなるのでしょうか?

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

α7R
twitterで最新情報をチェックしよう!