ニコン NIKKOR Z 600mm f/4を年末に発表と噂 1.4倍テレコン内蔵??

NIKKOR 600mm Sの噂

次に登場するNIKKOR Z 600mm f/4レンズは、Z 400mm f/2.8 TC VR Sレンズのようなテレコンバーター、恐らく840mm f/5.6と同等となる1.4倍のテレコンバーターが内蔵されていると噂されている。新しい600mmレンズは、非常にシャープで、そして非常に高価だ。私は、テレコンバーターのあるNIKKOR Z 600mmレンズは、既存のAF-S 800mm f/5.6E FL ED VRよりも解像性が高く、NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR Sよりも安くなると言われている。公式発表は2022年遅くに噂されているが、2023年の初旬にずれ込むかもしれない。

NikonRumors

ニコンの望遠レンズの噂が報告されています。アイキャッチ画像はZ 400mmレンズです。噂によれば、ニコンがZ 600mm f/4を今年の年末あたりか、来年の年始頃に発表が予定されているそうです。そして、そのレンズはZ 400mmと同様にテレコンバーターが内蔵されたレンズになり、その倍率は1.4倍になるだろうとしています。テレコンを利用すると840mm f/5.6というレンズになるとしていますね。

噂では、Z 600mmは、一眼レフ用のAF-S 800mm f/5.6E FL ED VRよりも解像性がよく、Z 800mm f/6.3 VRより安いという表現がされています。たぶん、これはテレコンバーターを利用した状態の話で、テレコン使用で840mm f/5.6相当で撮影しても、一眼レフ用のAF-S 800mm f/5.6よりも解像性能が高く、それでいてZ 800mm f/6.3よりも価格が安くなるという意味だと思いますね。

Nikon Z 9が発売され、その他のレンズも揃いだしてきましたので、いよいよニコンも超望遠単焦点などに手を付け始めているのだなということがわかる報告ですね。

たぶん、そろそろ魚眼やシフトレンズなどのレンズにも取りかかっているのではないでしょうか?

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

Z 400mm f/2.8
twitterで最新情報をチェックしよう!