キヤノン RF35mm F1.2 L USMを今年第3四半期に発売か

EOS_R5

キヤノンの新レンズの噂

長らく噂されていたRF 35mm f/1.2L USMが、2022年第3四半期にようやく販売店に届けられるかもしれない。

私たちはこのレンズはテスターと、マーケティング担当者の人々の手にあり、最近の内部の製品リストに登場したと聞いている。

f/1.2かf/1.4なのかについてはまだ前後しているようだが、いまの時点ではあまり重要ではないと思う。キヤノンは長い間作れるだけ売ることになるだろう。

CanonRumors

キヤノンの新レンズの噂がでてきているようですね。レンズはRF 35mm f/1.2L USMか、35mm f/1.4L USMになるとみられているようです。

大口径の35mmレンズってなかったかな?とおもって調べてみたら、50mm、85mmにはf/1.2はあるのですが、まだ35mmにはなかったのですね。ただしRF35mm F1.8 MACRO IS STMがあります。35mmは準標準レンズとして人気のあるレンズですので、大口径のLレンズとして発売されたら、たぶんめちゃくちゃ売れるでしょうね。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

EOS_R5
twitterで最新情報をチェックしよう!