動画撮影用EOS R5Cが来月中旬にも発表と噂

動画撮影用EOS R5Cが来月中旬にも発表と噂

EOS R5Cが来月中旬にも発表か

長らく噂されていたEOS R5cが、1月中旬に発表されることになると私は聞いた。このカメラは1月11日から1月18日の間のいずれかで発表されるだろうと考えてもいいだろう。

発表の6~8週間後に発売が開始される可能性がある。いうまでもないが、半導体不足が供給レベルに影響を与えることになるだろう。

キヤノンEOS R5Cの情報

・4500万画素フルサイズセンサー(EOS R5と同じ)
・DIGIC X
・ボディ内手振れ補正
・Canon Log 3
・Canon Log 2はいまだ検討中
・内蔵偏向フィルターなし
・Cinema RAW Lightで制限なしの8k 30p録画。XF-AVXとMP4
・タイムコード入出力端子
・EOS R3と同じ多目的ホットシュー。Tascam XLRモジュールのようなアクセサリとともに動作する
・アクティブクーリング
・上部ハンドルがホットシューに干渉しないEVF上部の3/8インチか1/4インチのマウンティングポイント
・フルサイズHDMIポート
・背面液晶は冷却ファンを収納するために、さらに後方に移動される。このことはEOS R5のように本体内に格納できないことを意味しているかもしれない。

CanonRumorsより

キヤノンがEOS R5Cを来月にも発表する可能性がという報告があります。そして発表から約1ヶ月後程度で発売されるということですので、少なくとも噂が正しければ2月末までに発売されるという可能性が高そうです。

α7Sシリーズの対抗機種か

仕様や、これまでの噂をみていると、どうやらEOS R5Cは動画撮影用のミラーレスカメラとなるようで、恐らくですが、EOS R5と同じセンサーということですので、8k動画が制限なしで撮影できるモデルになるだろうと思います。

ちょうど去年の今頃でしょうか。EOS R5が発熱の問題で8k動画の連続撮影が制限されるという話題のあとに、EOS R5を少し改良して動画の録画時間が長くなる、または制限がなくなるモデルが発売される可能性があるという噂がありました。ひょっとしたら、そのモデルが今回のEOS R5Cか、またはEOS R5Cの原型となったモデルの話だったのかもしれません。

EOS R5Cは上記の報告にもあるように、かなり長く噂になっていたわけですが、半導体不足などの影響や、EOS R5とEOS R6がそもそもしばらく在庫不足が続いていたことで、ある程度、それらが落ち着いてから発売しようということで、発売が延期されていた可能性もあるのかなと思います。

最近は動画撮影用のカメラが人気ですので、8k動画が撮影できるモデルは人気がでると思いますね。ただ、戦略的な価格でNikon Z 9が発売されますので、どちらを購入するかは製品の供給能力次第、動画撮影向けのレンズのラインナップ数次第といったようなことになるのかもしれません。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

最新情報をチェックしよう!