キヤノン 動画撮影8k 30p無制限 EOS R5Cを来年第1四半期に発表か

動画撮影用EOS R5cが2022年に登場か

EOS R5cが2022年第1四半期に登場する

長らく噂されていたEOS R5cが伝えられるところによると2022年の第1四半期に発表されると、まだ予想されている。オリジナルの噂では発表は2022年1月とされていたが、そのようになるのかは確認できていない。

情報筋は、特定の小売店が2022年の第1四半期にカメラの発表あり、その後すぐに販売されることが予想されていると述べていると言うが、限られた数量になる可能性がある。

価格はまだ明らかになっていないが、現在、5499ドルのCinema EOS C70よりも”わずかに安く”なるだろうと聞いている。

■EOS R5cの情報

・4500万画素フルサイズセンサー(EOS R5と同じ)
・DIGIC X
・Canon Log 3
・Canon Log 2はまだ議論されている
・Cinema RAW Lightで無制限の8k 30p録画。XF-AVC、MP4
・タイムコード入出力端子
・EOS R3と同じ多目的ホットシュー。TASCAM XLRモジュールのようなアクセサリとともに動作する
・アクティブクーリング
・上部ハンドルがホットシューに干渉しないEVF上部の3/8インチか1/4インチのマウンティングポイント
・フルサイズHDMIポート
・背面液晶は冷却ファンを収納するために、さらに後方に移動される。このことはEOS R5のように本体内に格納できないことを意味しているかもしれない。

CanonRumorsより

動画撮影用のEOS R5Cと思われるカメラの噂がでています。EOS R5Cについては何度も話題になっているのですが、ほぼ同じような内容で、「登場するかもしれないという噂がある」程度の話が繰り返されています。半ばオオカミ少年みたいな状況になっているわけですが、日付だけはだんだんと変化しています。

当初はEOS R5Cは来年の1月に発表ということですが、今回は2022年第1四半期に発表され、その後すぐに発売され利用できるようになるだろうと変化してきていることがわかります。

論争の的になるかもしれない?

このEOS R5Cはかなり昔の噂では、論議の的になるかもしれないカメラだとしています。

キヤノン 1月に”論争の的”になるかもしれない新EOS Rカメラ発表??

どのような意味で論争の的になるのかはわからないのですが、現在の仕様からみるとひょっとしたら冷却システムを搭載しているので、かなり不格好といったら失礼ですが、メカメカしいカメラになっていて、そのスタイルが論争になるかもしれないのかなと勝手に想像しています。

ただ、冷却ファンを搭載したことで8k 30pの録画が無制限に可能ということで、これを魅力的に感じる人は多いかもしれません。しかし、ニコンはNikon Z 9ですでに縦グリップ内蔵サイズで8k 30pの動画の録画に対応しています(後に8k 60p対応予定)。動画に関する開発競争はかなり厳しくなっていることが想像されますね。

ところでEOS R5Cは5499ドルよりわずかに安くなるということですので、記事執筆時点の為替レートで換算すると、約62万5000円以下ということになるのだと思います。EOS R5ボディの現在の最安値が43万9479円ですので、それと比較すると20万円近く高い価格になるかもしれないようですね。

どのようなカメラになるのかちょっと想像できないので、どんなデザインなのか気になります。

[template id=”4241″]

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top