シグマ 18-50mm F2.8 DC DN | Contemporaryの発売日情報が流出か

シグマ18-50mm F2.8 DC DN | Contemporary発売日の噂

 

軒下デジカメ情報局 @nokishita_c

シグマ「18-50mm F2.8 DC DN | Contemporary」の海外販売店での予約開始日は現時点では10月19日に設定されているらしい。10月19日の21時頃発表? #噂

軒下デジカメ情報局

軒下デジカメ情報局が18-50mm F2.8 DC DN | Contemporaryの発売日についての噂を掲載しています。tweetによれば、海外の販売店では、18-50mm F2.8 DC DN | Contemporaryの予約開始が10月19日に設定されているとしています。つまり、その日に製品が発表される可能性があるということで、18-50mm F2.8 DC DN | Contemporaryの発表は10月19日、いまからちょうど10日後に発表される可能性が高まったと考えられそうです。

メディア統制の難しさ

メーカとしては製品を効果的に宣伝するために、ある程度までは秘密にしておき、大々的に発表し、そして発表後にはすぐにメディアに取り上げてもらたいという思惑があります。

なので、新製品についての情報はできるだけ外部に流出しないようにします。しかし、まったく外部に教えないと、発表と同時に多くのメディアに取り上げてもらうことができません。なので、ある特定のメディアに関しては、新製品の仕様、製品本体などを貸与して利用してもらい、あらかじめ予定稿を記述してもらうようなことをしています。

そうすると製品の発表と同時に製品のレビュー記事が様々なメディアで取り上げられることになり、宣伝効果が高まります。ただし、事前に情報が流出してしまう可能性も高まりますから、あらかじめ秘密保持契約として情報を流さないように縛りをかけておきます。

とはいえ、人間にはミスがつき物ですし、自分が秘密の情報を知っている優越感を感じたいというような人が情報を漏らしてしまうというリスクは常につきまといます。

その他にも販売店や卸店に告知される製品リストや、価格情報などから発売日や価格が流出する可能性もありますし、このあたりは絶対に情報を流出させないようにするのはかなり難しいがろうなと思いますね。

今回は、恐らく海外の販売店から予約開始日が漏れてしまったことで、18-50mm F2.8 DC DN | Contemporaryの発表日かもしれない日にちがわかってしまったということで、このあたりの流出はある程度仕方がないのかな?と思います。

ただ、最近はコロナ渦でサプライチェーンの問題があったり、半導体不足が原因で供給が難しくなっていることから、発売日の噂はかなり信頼できない場合もあるので注意が必要だと思います。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top