Nikon Z 9のティザー動画からわかる Nikon Z 9の姿 液晶はチルト式か??

ニコンがNikon Z 9のティザー広告を公開

ニコンがNikon Z 9に関するティザー広告を公開しています。Nikon Z 9の特設サイトはこちらのページになります。このページでは、Nikon Z 9に関するいくつかの動画が公開される予定となっているようです。

これをみると、すくなくとも4本の動画が公開される予定になっているようですね。現在は1本目の画像が公開されています。ということは、Nikon Z 9の公開までに合計で4本の何かしらの動画が公開されるということになるのだと思います。Nikon Z 9というフラッグシップモデルが発売されるにあたり、何かしらのティザー広告が公開されるのでは?と思っていましたが、実際にそれが実現されたことになります。

気になるディザー広告の動画 第一弾は?

気になるのは公開されたNikon Z 9に関するティザー広告の動画ではないでしょうか?今回、公開されたNikon Z 9の動画は以下のものになります。YoutubeのURLはこちらになります

この動画の中から、Nikon Z 9に関してなにかしら想像できそうな部分をキャプチャーしてみます。まずは、以下の画像です(画像タップで拡大します)。

まず、右手部分に電源ON/OFFと思われるスイッチやレリーズボタンがあることがわかります。録画ボタンらしきものがあるのもわかりますね。そして左肩部にも4つに分割された何かしらのボタンがあることもわかります。

気になるのは背面液晶部分でしょうか。背面液晶を手前に持ち上げている様子がわかります。このことから、Nikon Z 9ではバリアングル液晶ではなくチルト式が採用されている可能性が高いことが示唆されています。

さらにその後には、横の構図から縦の構図に素早く持ち直して撮影を継続している様子も映し出されています。このとき、顔認識は正常に動作していて、その後に瞳認識AFに移行している様子がわかります。

この画像は、カメラの背面にどのようなボタンがあるのかということもわかるような画像となっています。

恐らく正式発表までの間に、これらの動画が合計で4本公開され、そのなかで少しずつ機能を公開していくというようなティザー広告になっていると思いますね。今後、少しずつその内容がわかってくると思いますので、どのような内容なのか非常に興味があります。

あと一つ気になるのは、恐らくNikon Z 9はバリアングル液晶ではなくチルト式になるだろうということです。いま現在の一般的な認識ではチルト式では動画撮影用とは認識されない可能性がありますし、人によってはチルト式のほうが良いという人もいるので、このあたりは賛否両論になるかもしれません。

ニコンとしてはマーケティングの結果、チルト式を選択したのだと思いますが、ユーザには受け入れられるのかどうかは意見の分かれるところかもしれません。

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!