ソニー α7IVはα7S IIIと同じ筐体を採用と噂 発売は来月か

α7 IVはα7S IIIと同じ筐体になる?

噂:α7 IVはα7S IIIと同じ本体で、α7S IIIと同じヒートシンクがあり、CFExpress AカードとSDカードを使用する

α7 IVは基本的にα7S IIIの本体と同じだと聞いている。それが意味することは、カメラには同じヒートシンク、HDMI Type A端子、そしてUHS-II SDメモリカードとCFExpress Aカードの両方が利用できるということだ。

α7 IVの噂されている仕様

・10月に発売(部品供給が許す場合)
・新しく開発された3300万画素センサー
・7kからのオーバーサンプリングされた4k 30p動画
・5.5段分のボディ内手振れ補正(+アクティブモード)
・同じα7S IIIのボディデザイン
・フルサイズのHDMI
・UHS-II SDメモリカードとCFExpressカード

SonyAlphaRumors

来月に発売が噂されているα7 IVの噂がでてきています。最新の噂によれば、α7 IVはα7S IIIと同じ筐体になるようで、もし同じ筐体になるとしたら、α7S IIIと同様にヒートシンクがあり、miniポートではなくフルサイズのHDMI端子があり、そしてSDメモリカードとCFExpress Type Aとのデュ売るカードスロットになるだろうということのようですね。

α7S IIIと同じ筐体という意味

α7 IVがコスト削減のためにα7S IIIなどと筐体を共用するということは理解できますが、だからといって筐体に関わる各種ポートやヒートシンクの有無なども同じかどうかということは言えないと思います。

ただ、最近は動画撮影が一般的になっていますし、より高速に転送できるメモリカードやフルサイズのHDMI端子、動画を連続撮影するためのヒートシンクなどが装着されてもまったく不思議ではないと思いますね。

ただそうするとα7 IVにもいよいよバリアングル液晶が搭載される可能性が高まっているということは言えるのかもしれません。

海外では動画の撮影できるミラーレスカメラをハイブリッドと呼んでいます。日本でハイブリッドというと、像面位相差とコントラストのハイブリッドAFをイメージするのとは少し異なります。現状ではハイブリッドカメラというと、ノンクロップ4k 30p以上の撮影ができること、バリアングル液晶を採用していること、像面位相差センサーを採用していることです。

ところが最近は、これらも当たり前の機能になってきていて、最近では全画素読み出しからのオーバーサンプリングによる4k動画、マイク端子、HLGやS-Logなどへの対応、内部RAW録画などが動画対応機のトレンドになりつつあります。

それでもバリアングル液晶でないと自撮りの際に自分がどのように写っているかを確認できなかったり、下に折り返すチルト式ですと三脚で邪魔になって背面液晶がみえないなどの問題があるため、バリアングル液晶は動画撮影には必須の機能となっています。

ソニーのミラーレスが欲しいけど、α7IVの噂があるから・・ということでα7 IIIの購入をためらっていた人にとっては、いよいよ購入する時期がやってきたということになります。楽しみですね。

[template id=”4241″]
a7 iii
twitterで最新情報をチェックしよう!