ソニーα9 IIIの仕様の噂 ソニーの新レンズ6本の噂も

ソニーα9 IIIの噂

これらの噂について:これらを誰が送ったのかわからないし、90%の確率で間違っていたことが明らかになっている。しかし、過去にいくつかが正しかったことがあった。だから、私は今日、これらを投稿し、私たち全員が最終的に追い続けることができるようにする。もし、情報の一つが正しいとわかったら、少しだけ信頼性が上がったことがわかる。

情報1

ソニーの新しい次のコンパクトプライムレンズ
・FE 18mm f/3.5
・FE 31mm f/2.2

情報2

新しいGMレンズ:FE 105mm F1.4GM、FE 24-70mm F2.8 GM、FE 70-200mm F2.8 GM、FE 20-50mm F2.8 GM(21年度第2四半期から22年度第2四半期)

情報3

ソニーは2022年のオリンピックにスポーツカメラを用意した

新しい2022万画素フルサイズ積層型Exmor RS CMOSイメージセンサーと、改良されたBIONZ XRイメージプロセッサエンジンとのコンビネーション

サイレントで振動のなかアンチフリッカー撮影の電子専用シャッター
電子シャッターは1/500秒までのフラッシュシンクロ対応。(α1の)世界最速のメカシャッターフラッシュシンクロよりもさらに高速

60コマ/秒までのブラックアウトフリーな連続撮影
高速なセンサー読み出しで60コマ/秒の連続撮影を含む120コマ/秒までのAF/AE計測

6.5段分の5軸光学式ボディ内手振れ補正

業界最速の内蔵WiFi、スーパースピードUSB 10Gbps、1000BASE-Tイーサネットなどプロフェッショナルなワークフローをサポート

明るく大きなリフレッシュレート240fpsの0.64型576万画素有機ELビューファインダー

SonyAlphaRumors

ソニーのα9 IIIの噂や新レンズの噂がでてきています。具体的には上記のような製品が発売される可能性があるようです。ただし、記事にもあるように、この手の情報の90%は間違っているということで、あまり信頼しないほうがいいかもしれません。

レンズに関しては、かなりの数の噂があるようですね。まとめてみます。

FE 18mm f/3.5
FE 31mm f/2.2
FE 105mm F1.4GM
FE 24-70mm F2.8 GM
FE 70-200mm F2.8 GM
FE 20-50mm F2.8 GM

みてみると、ちょっとかわった焦点距離のレンズが多いですよね。31mmとか20-50mmとか、105mmとか。18mmや31mmはGMレンズではないようですので、たぶん小型で低価格なα7Cに合うようなタイプになると思います。

20-50mmは、もしGMレンズじゃなかったら、やはり廉価なフルサイズ用の小型な標準ズームとして開発されたと解釈するところですが、GMレンズになるということは性能も良いでしょうし、それなりに大きく、高価なレンズになるのだろうと思います。広角寄りで標準レンズとしても使えるズームレンズという立ち位置なのでしょうかね。

あと、すでにSEL2470GMやSEL70200GMもあるわけですが、上記のレンズにも該当するレンズがあるので、後継レンズってことになるのでしょうか。そのあたりも気になります。

また、以前の別の噂では、このような噂もありました。

ソニーα9 IIIの噂 今年年末に開発発表?? α1の低画素バージョンか

・再設計された2420万画素 35mmフルサイズ積層型CMOSセンサー
・AF/AE追従で30コマ/秒の連続撮影性能(センサー高速読み出しによる30コマ/秒までのブラックアウトフリー)
・次世代BIONZ XRイメージプロセッサエンジン
・アンチフリッカーメカニカル/電子シャッター
・1/400秒までのデュアルドライブメカニカルシャッター。フラッシュシンクロ
・1/200秒までフラッシュシンクロ可能なアンチディストーション電子シャッター
・5.5段分の5軸ボディ内手振れ補正
・4k録画。ビニングなしの全画素読み出し
・S-Cinetone、HLG、S-Log2/3を含むピクチャーコントロール
・10個のプリセットクリエイティブルック/8つのパラメータをカスタマイズ
・2021年第四四半期に開発発表

これをみると微妙に一致していますが、微妙に違う部分もあって、結構微妙な感じがします。まあ、どちらも、まだ当てにならない情報のようですので、話半分で聞いておいたほうが良さそうです。

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!