ソニーα9 IIIの仕様の噂 ソニーの新レンズ6本の噂も

ソニーα9 IIIの噂

これらの噂について:これらを誰が送ったのかわからないし、90%の確率で間違っていたことが明らかになっている。しかし、過去にいくつかが正しかったことがあった。だから、私は今日、これらを投稿し、私たち全員が最終的に追い続けることができるようにする。もし、情報の一つが正しいとわかったら、少しだけ信頼性が上がったことがわかる。

情報1

ソニーの新しい次のコンパクトプライムレンズ
・FE 18mm f/3.5
・FE 31mm f/2.2

情報2

新しいGMレンズ:FE 105mm F1.4GM、FE 24-70mm F2.8 GM、FE 70-200mm F2.8 GM、FE 20-50mm F2.8 GM(21年度第2四半期から22年度第2四半期)

情報3

ソニーは2022年のオリンピックにスポーツカメラを用意した

新しい2022万画素フルサイズ積層型Exmor RS CMOSイメージセンサーと、改良されたBIONZ XRイメージプロセッサエンジンとのコンビネーション

サイレントで振動のなかアンチフリッカー撮影の電子専用シャッター
電子シャッターは1/500秒までのフラッシュシンクロ対応。(α1の)世界最速のメカシャッターフラッシュシンクロよりもさらに高速

60コマ/秒までのブラックアウトフリーな連続撮影
高速なセンサー読み出しで60コマ/秒の連続撮影を含む120コマ/秒までのAF/AE計測

6.5段分の5軸光学式ボディ内手振れ補正

業界最速の内蔵WiFi、スーパースピードUSB 10Gbps、1000BASE-Tイーサネットなどプロフェッショナルなワークフローをサポート

明るく大きなリフレッシュレート240fpsの0.64型576万画素有機ELビューファインダー

SonyAlphaRumors

ソニーのα9 IIIの噂や新レンズの噂がでてきています。具体的には上記のような製品が発売される可能性があるようです。ただし、記事にもあるように、この手の情報の90%は間違っているということで、あまり信頼しないほうがいいかもしれません。

レンズに関しては、かなりの数の噂があるようですね。まとめてみます。

FE 18mm f/3.5
FE 31mm f/2.2
FE 105mm F1.4GM
FE 24-70mm F2.8 GM
FE 70-200mm F2.8 GM
FE 20-50mm F2.8 GM

みてみると、ちょっとかわった焦点距離のレンズが多いですよね。31mmとか20-50mmとか、105mmとか。18mmや31mmはGMレンズではないようですので、たぶん小型で低価格なα7Cに合うようなタイプになると思います。

20-50mmは、もしGMレンズじゃなかったら、やはり廉価なフルサイズ用の小型な標準ズームとして開発されたと解釈するところですが、GMレンズになるということは性能も良いでしょうし、それなりに大きく、高価なレンズになるのだろうと思います。広角寄りで標準レンズとしても使えるズームレンズという立ち位置なのでしょうかね。

あと、すでにSEL2470GMやSEL70200GMもあるわけですが、上記のレンズにも該当するレンズがあるので、後継レンズってことになるのでしょうか。そのあたりも気になります。

また、以前の別の噂では、このような噂もありました。

ソニーα9 IIIの噂 今年年末に開発発表?? α1の低画素バージョンか

・再設計された2420万画素 35mmフルサイズ積層型CMOSセンサー
・AF/AE追従で30コマ/秒の連続撮影性能(センサー高速読み出しによる30コマ/秒までのブラックアウトフリー)
・次世代BIONZ XRイメージプロセッサエンジン
・アンチフリッカーメカニカル/電子シャッター
・1/400秒までのデュアルドライブメカニカルシャッター。フラッシュシンクロ
・1/200秒までフラッシュシンクロ可能なアンチディストーション電子シャッター
・5.5段分の5軸ボディ内手振れ補正
・4k録画。ビニングなしの全画素読み出し
・S-Cinetone、HLG、S-Log2/3を含むピクチャーコントロール
・10個のプリセットクリエイティブルック/8つのパラメータをカスタマイズ
・2021年第四四半期に開発発表

これをみると微妙に一致していますが、微妙に違う部分もあって、結構微妙な感じがします。まあ、どちらも、まだ当てにならない情報のようですので、話半分で聞いておいたほうが良さそうです。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「ソニーα9 IIIの仕様の噂 ソニーの新レンズ6本の噂も」への4件のフィードバック

  1. α1の低画素バージョンのα9 IIIでは、CanonのR5とR6の関係みたいでスペックの予想が付くだけにびっくりするような内容ではないのでインパクトは薄いです。やはりα1を超えるものが欲しい所ですね。Ⅱ型の24-70F2.8GMと70-200F2.8GMは必然なので、自分は、FE24-105Gとバランスが取れるGクラスの広角ズームレンズが欲しい所です。

  2. かなり信憑性は低そうですが20-50/2.8が小型軽量でもあったら人気のレンズになりそうですね。
    18/3.5も小型軽量で安価な並レンズだったらいいですね。
    ソニー純正だと広角単はGかGMばかりで並は28/2が最広角でしたから。
    ズームのほうも並で14-30/4-5.6といったレンズも出してほしいです。

  3. 秒間60コマ+1/500シンクロ……。
    α9IIIが本当にこのスペックで出てきたら画素の多いZ9はともかく、
    似たような画素のR3は即死しそうです。

  4. FE 20-50mm F2.8 GM 風景をメインにしている人には良さそうな
    レンズですね。
    ソニーα9 IIIはα1を低画素にしたバージョンかもしれませんね。
    想像ですがセンサーとファームウェアの変更程度でしたら開発費も
    押さえられそうです。
    >ソニーは2022年のオリンピックにスポーツカメラを用意した
    これが本当ならばα1は東京オリンピックでは使い物にならなかったと
    解釈することもできます。
    何となくガセネタっぽい。
    α1もR3もオリンピックでの使い心地は上がってきませんね。
    R3は正式発表前なので無理かも知れませんがα1は出てきても
    良さそうと思います。

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top