ニコン Z fcの名称の理由 fは”Fusion”、cは”Casual”

Nikon Z fcの名前の理由

フルサイズミラーレスの高級機が話題となる一方、APS-Cサイズなどのカテゴリーでは、クラシカルデザインで実売10万円台のミラーレスカメラが若年層を中心に人気だという。Zユーザーの裾野を広げていきたいニコンとして、APS-Cミラーレス「Z 50」の定評ある基本性能をそのままに、本体デザインによる“情緒的価値”にも重きを置いたという製品が今回のZ fcだ。「精密機器の感触と高画質の『融合』を表す『fusion』の『f』、ニコンの歴史を築いてきたカメラを象徴する『f』のふたつを継承し、よりカジュアル(Casual)に使ってほしい」という点からZ fcと名づけたという。

デジカメWatch

デジカメWatchにNikon Z fcのレビュー記事が掲載されています。やはり、発表に先立って製品が提供されていて、すでに記事は作成されていて発表と同時にレビュー記事解禁という流れになっているようですね。

記事では、レビューとともにZ fcの名称の理由についても記述されています。fに関してはFusionのf、ニコンのフィルムカメラの代名詞であるfシリーズであるfなのだそうです。cについては、よりカジュアルに使って欲しいということでCasualのcでZ fcになるようです。APS-CのCだったり、コンパクトなのでコンパクトのCでもありますので、良い名称だなと思います。

チープっぽさはない模様

記事では、実物はかなり安いっぽいのでは?という不安を感じていたようですが、ダイヤルやボタン類の感触もしっかりしていて、特に安っぽさを感じることはないとしています。

このあたりはニコンならではの堅実な作りがでているのかもしれません。ただ、カメラはZマウントを採用しているので、画像でみる見た目よりはかなり大きいようで、そのあたりがちょっと心配かなと思いますね。

さて、Z fcはどの程度売れるのでしょうか?

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!