富士フイルム XF18mmF1.4 R LM WRを正式発表 気になる価格は??

富士フイルムがXF18mmF1.4 R LM WRを正式発表

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、独自の色再現技術による卓越した画質と小型軽量を実現するミラーレスデジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズ「XFレンズ」のラインアップとして、「フジノンレンズ XF18mmF1.4 R LM WR」(以下、「XF18mmF1.4 R LM WR」)を2021年5月27日に発売します。

「XF18mmF1.4 R LM WR」は、広角18mm(35mm判換算:27mm相当)の焦点距離を持つ大口径単焦点レンズです。「XFレンズ」最高クラスの解像性能と、開放F値1.4の明るさを実現。また、コンパクト設計により質量370gとし、優れた携帯性も発揮します。自然な遠近感を生かした風景撮影や日常のスナップ撮影など様々なシーンで高画質な写真撮影をお楽しみいただけます。

富士フイルムプレスリリース

プレスリリースによれば、このレンズはリニアモーターを採用し、さらにインナーフォーカス方式を採用することで、最短で0.04秒の静音、高速、高精度なAFが実現可能だとしています。

また鏡筒の厚みを適切にすることで軽量化し、独自の光学技術によりコンパクトながらも高い携帯性を実現したとしています。

以前は富士フイルムの製品はAFが遅いというイメージがありましたが、かなり改善されていることがわかります。

発売日は5月27日で、希望小売価格は14万4100円だそうです。以前の噂ですと約11万円ほどだったのですが、その噂よりも高い価格でした。f/1.4の大口径ですので、このぐらいの価格なら理解できるところです。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top